版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
天皇制と進化論 右田 裕規(著) - 青弓社
.

天皇制と進化論

発行:青弓社
四六判
256ページ
上製
定価 3,000円+税
ISBN
978-4-7872-2034-9
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2009年3月
書店発売日
登録日
2018年12月3日
最終更新日
2018年12月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2009-05-17 読売新聞
評者: 片山杜秀(音楽評論家・日本思想史研究者)

紹介

戦前に強制・教育された皇国史観と、同時代に世界を席巻したダーウィン進化論とは、どのような関係性を築いたのか。思想警察や学校教育、生物学研究者としての昭和天皇表象を手がかりに、皇国史観と自然科学の対立を軸にして戦中期の政治体制の矛盾を照らす。

目次

序章 進化論と皇国史観

第1章 思想警察・検察と進化論
 1 明治後半期の「生物」進化論の流行
 2 丘浅次郎の進化論
 3 神道家・国学者の反応
 4 進化論者の応対
 5 ダーウィン進化論の知的価値の所在
 6 明治の左翼運動家・思想警察の反応
 7 一九二〇―三〇年代の左翼運動と進化論
 8 思想警察・検察による括弧入れ

第2章 学校教育と進化論
 1 一九一〇年代以前
 2 第一次世界大戦と進化論教育
 3 国民精神文化研究所による進化論批判
 4 優生思想の席巻と進化論

第3章 昭和天皇と進化論
 1 「生物学者としての天皇」という矛盾
 2 「生物学者としての昭和天皇」登場の前史
 3 戦前期マスメディアのなかの「生物学者・天皇」
 4 天皇の生物採集・研究のメディア・イベント化
 5 陸軍とマスメディアの動向
 6 背景
 7 日中戦争以後の状況

終章 昭和天皇のダーウィン像

あとがき

索引

著者プロフィール

右田 裕規  (ミギタ ヒロキ)  (

1973年、島根県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学、博士(文学)。専攻は歴史社会学。博士論文に「マスメディアの中の帝室」(京都大学)、論文に「天皇制と進化論」(「歴史学研究」第792号)、「戦前期「女性」 の皇室観」(「社会学評論」第218号)、「皇室という「家庭」 への眼差し」(「京都社会学年報」第13号)など。

上記内容は本書刊行時のものです。