版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
こがね味噌会社専務一家刺殺放火事件と袴田裁判の真実 白砂巖(著/文) - 社会評論社
..
【利用可】

書店員向け情報 HELP

こがね味噌会社専務一家刺殺放火事件と袴田裁判の真実 (コガネミソカイシャセンムイッカシサツホウカジケントハカマダサイバンノシンジツ) ならびに「刑事訴訟法」「公文書関連法」「再審」「国家賠償法」に関する提案

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:社会評論社
A5判
72ページ
定価 1,000円+税
ISBN
978-4-7845-2419-8   COPY
ISBN 13
9784784524198   COPY
ISBN 10h
4-7845-2419-3   COPY
ISBN 10
4784524193   COPY
出版者記号
7845   COPY
Cコード
C0030  
0:一般 0:単行本 30:社会科学総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年8月9日
最終更新日
2023年12月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「袴田巖さんを救う会」で弁護士安倍治夫、菊田幸一両氏の補助者として40年余り活動してきた著者が、袴田事件の捜査記録を丹念に読み込み静岡地裁に提出した意見書(2012年)の記録全文を改定の上、日本の裁判制度における人権侵害の是正を求める法律改定の立案し、提案している。

「地裁の裁判官が、私たちが提出した意見書などに眼を通したので、袴田の身柄が拘置所から出された要因の大きな一石になったと考えている。(…)日弁連の袴田弁護団も見逃した証拠を新たに発掘・追加するものであるとともに、検察官が無視した無実を裏付ける事実を検証して、同時にこのたび再審の開始決定を書いた東京高裁の裁判官が言及しなかった事実を明らかにする。 」(本書抜粋)

目次

1章 冤罪を訴える人の支援に出会う
2章 袴田裁判の真実 事件の概要
3章 袴田裁判と裁判制度
4章 「刑事訴訟法」ならびに「公文書関連法」「再審」「国家賠償法」に関する提案

著者プロフィール

白砂巖  (シラスナイワオ)  (著/文

1947年生まれ、1歳4カ月の頃小児マヒにかかる。1975年「モナリザ・スプレー事件」高裁判決を契機に『上告審を共に闘う会』に参加。当時の(障害者)の活動にふれる。「全国障害者解放運動連絡会議」結成を契機に、脳性マヒの遠藤滋と出会い、また島田事件の赤堀政夫氏の支援運動に加わり、他のえん罪事件の関係者とも交流をもつ。1980年より袴田巖の支援活動にも加わる。

上記内容は本書刊行時のものです。