版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
新版 家族・私的所有・国家の社会哲学 青木孝平(著/文) - 社会評論社
..

新版 家族・私的所有・国家の社会哲学 マルクス理論の臨界点

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:社会評論社
四六判
320ページ
定価 2,700円+税
ISBN
978-4-7845-1875-3   COPY
ISBN 13
9784784518753   COPY
ISBN 10h
4-7845-1875-4   COPY
ISBN 10
4784518754   COPY
出版者記号
7845   COPY
 
Cコード
C0030
一般 単行本 社会科学総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年3月8日
最終更新日
2021年3月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

カール⃝マルクスの思想と理論は、現代においていまだ有効か?

本書は、マルクス主義の家族論・所有論・国家論に対する徹底的な総批判であると同時に、マルクスのテキストを、人間疎外論や史的唯物論という常識的ドグマからもっとも遠い地点で、あえていえばアンチ・マルクスと紙一重の「臨界点」において再読し、なんとか救出しようという思考実験である。

目次

【主要目次】
第Ⅰ部 家族論
1家族論のプロブレマティク/2『家族・私的所有・国家の起源』の家族理論/3マルクス家族理論の発見/おわりに 21世紀「家族」のゆくえ/補論 夫婦別姓について
第Ⅱ部 私的所有論
1 私的所有というプロブレマティク/2 商品論の論理構造/3 交換過程論における私的所有論/4 価値形態論における私的所有論/5 私的所有論の再構成/おわりに 私的所有の物神性/補論 土地所有について/追補 情報の所有について
第Ⅲ部 国家論
1 方法としての日本資本主義論争/2 日本資本主義論争の国家論/3 国家論論争の展開/4 経済・法・国家の相関理論の構築に向けて/おわりに 21世紀国家論への道しるべ/補論 国家権力の物神的性格

ISBN978-4-7845-1875-3
定価:本体2700円+税 四六判並製320頁

著者プロフィール

青木孝平  (アオキコウヘイ)  (著/文

社会哲学研究。著書に『「他者」の倫理学―レヴィナス、親鸞、そして宇野弘蔵を読む』『経済と法の原理論―宇野弘蔵の法律学』など多数ある。

上記内容は本書刊行時のものです。