版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
マルクスの物象化論 佐々木 隆治(著) - 社会評論社
...

マルクスの物象化論 資本主義批判としての素材の思想

発行:社会評論社
縦210mm
411ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7845-1809-8
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2011年12月
登録日
2015年12月16日
最終更新日
2015年12月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

第1部 「実践的・批判的」構えとしての「新しい唯物論」(マルクスの「唯物論」にかんする諸説
マルクスにおける「新しい唯物論」
哲学批判と「実践的・批判的」構えとしての「新しい唯物論」)
第2部 物象化論の「実践的・批判的」意義(物象化論の理論構成
物象化と疎外
物象化と所有
価値の主体化としての資本と素材的世界)
結論 素材の思想家としてのマルクス

上記内容は本書刊行時のものです。