版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
南箕北斗 島谷征良(著) - ふらんす堂
.
白のシリーズ

南箕北斗

発行:ふらんす堂
四六判
並製
定価 2,667円+税
ISBN
978-4-7814-0614-5
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年9月
書店発売日
登録日
2013年10月30日
最終更新日
2013年10月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2013-12-29 日本経済新聞
評者: 小川軽舟(俳人)

紹介

◆自選十五句より
つらつらに見つつ椿と船の水脉
次の風また次の風芒原
秋風の遊行柳を去りにけり
一握を採る一望の土筆より
筑波より九夜の地の涼しさよ
山燒や火が生む風に火が乘つて
ラスター彩遠き見ぬ世の夏の色
炎天となりゆく朝のものの影
松島や海に出て聞くほととぎす
原爆投下時刻直前水を打つ

前書きなど

◆俳句叢書 Serie de Blanc 5
枯萩といへどもあれば心寄る
本集の題名「南箕北斗」は、南箕、北斗ともに星座の名。箕も斗も空にあつたのでは使へない。ものの役には立たないことを言ふ。私の俳句もそのやうなものだといふ思ひからである。
(あとがきより)

上記内容は本書刊行時のものです。