版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
菫濃く 深見けん二(著) - ふらんす堂
.
ふらんす堂 叢書俳句シリーズ

菫濃く

発行:ふらんす堂
文庫判
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-7814-0581-0
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2013年9月
書店発売日
登録日
2013年9月19日
最終更新日
2013年9月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2013-12-29 日本経済新聞
評者: 小川軽舟(俳人)

紹介

◆自選十五句より
浅間山昨日の雪を昼霞
影を置き蜂ひつそりと梅の花
仰ぎゐる頬の輝くさくらかな
形代や鹿島の沖の波のむた
睡蓮や水をあまさず咲きわたり
紅さして腕の中なる祭の子
人生の輝いてゐる夏帽子
スプーンもくもるばかりや夏料理
夏雲となく秋雲となく白く
日の沈む前のくらやみ真葛原

前書きなど

◆第八句集
菫濃く下安松に住み旧りし
所沢市下安松に四十年余り住み、武蔵野の面影の残る周囲が、いよいよ私にとっての風土になり、そこでの句が多くなった。句集名は、この句から「菫濃く」とした。
(あとがきより)

上記内容は本書刊行時のものです。