版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
未踏 高柳 克弘(著) - ふらんす堂
.

未踏 高柳克弘句集

発行:ふらんす堂
四六判
212ページ
定価 2,286円+税
ISBN
978-4-7814-0165-2
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2009年6月
書店発売日
登録日
2013年8月2日
最終更新日
2013年8月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2010-06-20 日本経済新聞

紹介

◆自選10句より
ことごとく未踏なりけり冬の星
つまみたる夏蝶トランプの厚さ
うみどりのみなましろなる帰省かな
どの樹にも告げずきさらぎ婚約す
キューピーの翼小さしみなみかぜ
くろあげは時計は時の意のまゝに
紙の上のことばのさびしみやこどり
秋草や厨子王にぐる徒跣
あをぎりや灯は夜をゆたかにす
洋梨とタイプライター日が昇る

前書きなど

◆形成の可能性を攻め続けることが形式への最大の礼儀

やがて高柳君は、波郷や湘子がそうしたように、青春詠の時代を遠い故郷として捨て去り、見晴るかす荒地に足を踏み出すだろう。しかし、高柳君の目には、そこに私たちには見えない俳句の沃野が広がっているのだと信じたい。彼自身が選んだ「未踏」の句集名が何よりも彼の決意を示している。
(序より・小川軽舟)

上記内容は本書刊行時のものです。