版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
だって、女子だもん!! 雨宮まみ(著) - ポット出版
.

だって、女子だもん!! 雨宮まみ対談集

発行:ポット出版
四六判
208ページ
並製
価格 1,300円+税
ISBN
978-4-7808-0190-3
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2012年11月
書店発売日
登録日
2012年10月10日
最終更新日
2015年6月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-02-26 HOSSEY!(夕刊読売新聞)

重版情報

2刷 出来予定日: 2012-11-22

紹介

全国のこじらせ女子の心を
わしづかみにした、雨宮まみの第二作。
もてあましたくなる「女子」を語らせたら、
この人!という5人を迎えての対談集。
雨宮まみ+5人の女性が語る
「こじらせ女子の幸せ」とは!?

目次

はじめに

「ゲロブス」自意識からの旅立ち
×峰なゆか

「女」を乗りこなせ!
×湯山玲子

処女のままで死ねない
×能町みね子

「女の先輩」の心意気
×小島慶子

恋愛とは仕事である
×おかざき真里

著者プロフィール

雨宮まみ  (アマミヤマミ)  (

エロ本の編集者を経てフリーのライターに。
主に恋愛や女であることに素直に向き合えない「女子の自意識」をテーマに『音楽と人』『POPEYE』「ウエブ平凡」などで連載中。
著書に『女子をこじらせて』(ポット出版、2011)

峰なゆか  (ミネナユカ)  (

1984年生まれ。ライター、漫画家。「恋のから騒ぎ」(日本テレビ)出演後、2005年に宇宙企画よりAVデビュー。現役女優時代からコラム連載などを始め、引退後は執筆業に専念。2011年、“モテ”を切り口に女の生態、男への本音を鋭く描いた漫画『アラサーちゃん』(メディアファクトリー)を上梓。現在、『週刊SPA!』『GetNavi』『ダ・ヴィンチ電子部』などで漫画、コラム、書評連載多数。

湯山玲子  (ユヤマレイコ)  (

1960年東京都生まれ。著述家。出版、広告の分野でディレクター、プランナー、プロデューサーとして活動。同時に評論、エッセイストとしても著作活動を行っており、特に女性誌等のメディアにおいては、コメンテーターとしての登場や連載多数。現場主義をモットーに、クラブカルチャー、映画、音楽、食、ファッション等、文化全般を広くそしてディープに横断する独特の視点には、ファンが多い。
クラシックを爆音で聴く「爆クラ」等のイベント、自らが寿司を握る美人寿司などの活動も続行中。著作に『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)、『女装する女』(新潮新書)、『四十路越え!』(ワニブックス)、『ビッチの触り方』(飛鳥新社)など。メールマガジンも刊行(http://magazine.livedoor.com/magazine/37)。(有)ホウ71取締役。日本大学藝術学部文藝学科非常勤講師。

能町みね子  (ノウマチミネコ)  (

北海道出身、茨城県育ち。漫画家、著述家。著書に『ときめかない日記』(幻冬舎)、『くすぶれ! モテない系』(ブックマン社)、『縁遠さん』(メディアファクトリー)、『お家賃ですけど』(東京書籍)、『ひとりごはんの背中』(講談社)など多数。雑誌やネット媒体での連載も多くかかえる。ラジオ『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポンゼロ』に火曜レギュラーで出演中。

小島慶子  (コジマケイコ)  (

1972年オーストラリア生まれ。学習院大学を卒業後、1995年、TBSにアナウンサーとして入社。1999年第36回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞。2010年TBSを退社。現在はタレント、エッセイストとしてテレビ出演、雑誌連載等の執筆活動を行う。著書に『女たちの武装解除』(光文社)、『気の持ちようの幸福論』(集英社新書)ほか多数。 小学生の男の子が2人いる。

おかざき真里  (オカザキマリ)  (

1967年長野生まれ。関西育ち。多摩美術大学卒業、博報堂制作局入社。デザイナー、CMプランナーの仕事に携わりながら漫画家デビュー。2000年、結婚を機に退社。現在3児の母。代表作に『渋谷区円山町』(集英社)、『サプリ』『&―アンド―』(ともに祥伝社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。