版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
子供問題 小浜 逸郎(著/文) - ポット出版
.

子供問題 学校、家族、メディアに見る子供をめぐる矛盾

発行:ポット出版
四六判
192ページ
上製
定価 1,900円+税
ISBN
978-4-7808-0136-1
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2009年12月
書店発売日
登録日
2012年2月23日
最終更新日
2012年2月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

小浜逸郎が2001年から約十年にわたり発表してきた文章から、子ども、教育に関わるものを一挙収録。
「子どもという存在について」「メディアから見る子ども」「学校、教育の現場に見る子ども」と、三つの切り口から、現代の子どもたちが直面する問題を論じていく。
2010年2月には、この本と対をなす『大人問題』刊行予定。

目次

まえがき

一章●子どもを育てるとはどういうことか

「子育て」の本質
遊びと文化
児童の自主性
干渉と不干渉のバランス
親の切ない心情
「お節介な、いい人」になる理由
公衆道徳を守る子どもの痛々しさ
未成年者はいつ「国民」になるのか
新しい通過儀礼を
なぜ道徳が成り立つのか
道徳心の起源

二章●青少年事件報道のゆがみ

ホームレスとヒューマニズム言説
池田小学校事件に思う
被害者の名前・写真の公開を疑う
再び、被害者報道の過熱について
アキバ通り魔事件を読む
フィリピン送還報道の軟弱さ
試合途中で泣くな!

三章●学校のメンバーとしての子ども

近未来の教師像
生徒に対する教師の権威を確立せよ
ゆとり教育の失敗がもたらしたもの
中学公民教科書を読む
「本当の自分」探しの虚妄
中世的世界像への回帰?
大学生の無知について
中学生のセックスについて
性に対する「大人」の態度
東大でビリとP大でビリとは雲泥の差
学校を通過する意味を客観視せよ
中国恐るべし
モンスター・ペアレンツ考
自分の無知を表現しよう

あとがき
初出一覧
プロフィール、著作一覧

版元から一言

小浜逸郎さんの文章を読むと、いつも視点のブレなさ、に気づきます。
そのおおもとは、小浜さんは「正しく生きるとはどういうことか?」という問いを常に持っている方だからだと思います。
人間が、大人が、そして子どもにとって、正しい生とは何か、と。

本書には教育に関する論考から、時評、エッセイなど、幅広いジャンルの文章が収録されています。
地に足を付けて、まっとうにものごとを捉えると見えてくる違和感。
その違和感に、様々な角度からアプローチする一冊です。[担当編集・高橋大輔]

著者プロフィール

小浜 逸郎  (コハマ イツオ)  (著/文

1947年、横浜市生まれ。批評家。横浜国立大学工学部建築学科卒業。国士舘大学客員教授。思想講座「人間学アカデミー」主宰者。

関連リンク

人間学アカデミー

追記

●カバー画像について

書影としての利用はご自由に。イラストだけの利用はお問い合わせください。

上記内容は本書刊行時のものです。