版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
浪曲論 稲田 和浩(著) - 彩流社
.

浪曲論

発行:彩流社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ14mm
重さ 220g
208ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-7791-1908-8
Cコード
C0076
一般 単行本 諸芸・娯楽
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年9月
書店発売日
登録日
2013年5月24日
最終更新日
2014年12月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2013-10-27 日本経済新聞

紹介

「バカは死ななきゃ治らない!」ラジオで聴いた名調子。マネしたオジサン数知れず。明治~昭和初期までの約60年、大衆芸能の王座に君臨した浪曲。その隆盛・衰退、そして代表作品をとおしてウケた主題を論じ、一方でインテリゲンチャや江戸っ子に嫌われた理由を徹底分析。節に宿る言霊の追究!

目次

第1章▼浪曲史(浪曲と日本人、浪曲を嫌った知識人、浪曲と戦争など)
第2章▼名人と名作(桃中軒雲右衛門、鼈甲斎虎丸、東家楽燕、広沢虎造など、創世記から現代まで)
第3章▼浪曲論(寄席と劇場、真打と前座、素人の時代、補助金と浪曲、新作浪曲の意味、放送と浪曲)

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

稲田 和浩  (イナダ カズヒロ)  (

1960年東京生まれ。演芸作家、評論家。日大芸術学部卒業。雑誌記者、ライターを経て1986年より作家活動。演芸台本、邦楽の作詞、演出も手がける。日本脚本家連盟、日本放送作家協会所属。民族芸能を守る会相談役。著書に『食べる落語』『恋する落語』『はたらく落語』(教育評論社)『落語が教えてくれる生活の知恵30』(明治書院)、共著『5人の落語家が語るザ・前座修業』(NHK出版協会)『落語の黄金時代』(三省堂)等がある。

上記内容は本書刊行時のものです。