版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ヴァージニア・ウルフ再読 奥山 礼子(著) - 彩流社
.

ヴァージニア・ウルフ再読 芸術・文化・社会からのアプローチ

発行:彩流社
四六判
縦195mm 横135mm 厚さ23mm
重さ 370g
280ページ
上製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-7791-1690-2
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年12月
書店発売日
登録日
2011年10月24日
最終更新日
2014年12月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

脇役や端役に至るまで、完璧な人物創作を行なったヴァージニア・ウルフ。
「意識」に焦点を合わせた手法により、内面を描出された登場人物たちには、ウルフが生きた同時代の文化や精神の受容が反映されている。作家が生きた時代の社会、文化、国家、人生や個人的な繋がりなど、ひとりの作家を取り巻くさまざまなものを考慮に入れ、ウルフの作品から当時の文化や社会の断片を探り出し、「モダニティ」の姿を浮き彫りにする。

目次

I 『灯台へ』
第1章 ヴァージニア・ウルフの創作におけるG. E. ムアの思想的影響
  ──『灯台へ』再読
1 ムアとブルームズベリー・グループ
2 『倫理学原理』とラムゼイ氏の哲学
3 「灯台行き」のムア哲学による考察
4 ムア哲学と灯台

第2章 『灯台へ』に見られる「有意味形式」理論
1 ブルームズベリー・グループの芸術活動
2 「有意味形式」理論とは
3 リリーの絵画制作について
4 リリーのカンヴァス上での「有意味形式」について
5 創作における美学的アプローチとしての『灯台へ』

第3章 カーマイケルのアヘン常用と循環する文化
  ――「ポピーがダリアの間に種を播いた」
1 ウルフと『灯台へ』におけるアヘン言説
2 カーマイケルの人生とアヘン常用
3 アヘンを媒体とする文化の融合
4 循環する文化

II 『波』
第4章 『波』における母性についての一考察
  ――スーザンをめぐって
1 『波』、そしてウルフと母性
2 スーザンに見られる母性
3 スーザンと帝国主義
4 母性からの逸脱
5 母性から両性具有へ

第5章 自己への探求
  ――『波』におけるロウダの存在
1 『波』とヴァージニア・ウルフ
2 ロウダについての描写
3 ロウダにおける「水溜まり」の描写について
4 「水溜まり」の描写に見られる離人症的兆候
5 ロウダに描かれる自己喪失の過程
6 創作におけるウルフ自身の自己への探求

III 『ダロウェイ夫人』
第6章 『ダロウェイ夫人』に見られるイングリッシュネスの内と外
1 「意識の流れ」から「文化的読み」へ
2 イングリッシュネスの内側の視点
3 イングリッシュネスの外側の視点
4 イングリッシュネスの内と外の間で
5 イングリッシュネスの未来を内包するエリザベス

第7章 『ダロウェイ夫人』に見るスノッブと英国社会
  ――ヒュー・ウィットブレッドをめぐって
1 『ダロウェイ夫人』におけるヒュー・ウィットブレッドの存在
2 スノッブと階級
3 外見の誇示――外へ向かうベクトル
4 保護、保存――内へ向かうベクトル
5 スノッブ、モダニズム、ナショナル・アイデンティティ

第8章 『ダロウェイ夫人』に見る階級
  ――クラス・クライマー、ウィリアム・ブラッドショーが意味するもの
1 『ダロウェイ夫人』と大戦間の英国社会
2 作品に表現されるブラッドショー
3 嫌悪の対象となるブラッドショー
4 教養人への劣等意識
5 クラス・クライマーに見る英国社会の緩み

第9章 二つの文化の狭間で
  ――ピーター・ウォルシュに見られるアングロ・インディアン像
1 英国社会の細部を反映するピーター・ウォルシュ
2 インド高等文官としてのピーター・ウォルシュ
3 文化の狭間でのアングロ・インディアンのアイデンティティ
4 ハイブリッドな価値観と同質性への挑戦

Ⅳ その他
第10章 『ジェイコブの部屋』における〈固い物体〉の意味
1 〈固い物体〉への執着
2 「荒野〔ム ーア〕」の描写について
3 荒野〔ム ーア〕の堆積物について
4 「存在の瞬間」と〈固い物体〉の関係

第11章 創作、女性参政権運動、サフラジェット
  ――『自分だけの部屋』に読み取れるウルフの素振り
1 ウルフにおける創作と女性運動
2 『自分だけの部屋』に見られる創作と女性参政権運動
3 「社会派」フェミニズムと「同権派」フェミニズムの間で
4 ウルフが描く戦闘派サフラジェット
5 ウルフにおける創作と社会参加

第12章 「教育のある男性の娘たち」の女性参政権運動とサフラジェットへの眼差し
1 ウルフと女性参政権運動、そして『三ギニー』 
2 「教育のある男性の娘たち」の表象とサフレジズムの影
3 「教育のある男性の娘たち」のサフレジズム
4 サフラジェットへの眼差し
5 フェミニスト・パシフィズムへ

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

奥山 礼子  (オクヤマ レイコ)  (

東洋英和女学院大学国際社会学部教授。著書等に「『ダロウェイ夫人』に見るスノッブと英国社会」所収 『読書する女性たち』(出淵敬子編、彩流社、2006年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。