版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
裸の女房 伊藤 文学(著) - 彩流社
.

裸の女房 60年代を疾風のごとく駆け抜けた前衛舞踊家・伊藤ミカ

発行:彩流社
四六判
264ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-7791-1434-2
Cコード
C0023
一般 単行本 伝記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2009年6月
書店発売日
登録日
2014年12月18日
最終更新日
2014年12月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

1971年1月11日、33歳の若さで事故死した前衛舞踊家・伊藤ミカ。
夫・伊藤文学が渾身の筆力で彼女の生涯を綴り、当時、脚光をあびたミカの全貌を記す。
世界中が熱かった60年代後半。日本では、とりわけ芸術・文化の世界では寺山修司や唐十郎の「演劇」、土方巽や大野一雄の「舞踏(ダンス)」は文化の最前線を牽引した。そんななか、一人の公立中学の教師・伊藤ミカは「舞踊」に目覚め、舞踊家として活動を開始する。マスコミの喧伝によって、世間からはスキャンダラスな存在と目されるが、澁澤龍彦・栗田勇・粟津潔・宇野亜喜良・金子國義・篠山紀信・四谷シモンら当時の尖鋭的な批評家・芸術家との交流を深め、その輝きを増す。しかし不慮の事故で短いその生涯を閉じてしまうのだった。知る人ぞ知る、まさに孤高の舞踊家・伊藤ミカを復権する。写真資料多数収載。

著者プロフィール

伊藤 文学  (イトウ ブンガク)  (

1932年東京生まれ。代沢小学校、世田谷学園、駒澤大学文学部国文科卒業。大学時代に大学歌人会を結成して活躍。歌集『靴下と女』がある。1964年の『ぼくどうして涙がでるの』は末の妹・紀子の心臓病との闘病生活と、同室の少年・芳っちゃん(5歳)との心の交流を描き日活で映画化、ヒットし、本もベストセラーになって心臓病の啓蒙に多大な貢献。1965年頃より同性愛の問題に取り組み、1971年7月、日本初の同性愛雑誌『薔薇族』創刊。再三再四、休刊復刊を繰り返したが遂に2009年4月、400号で終刊した。著書には、『心が砕けてしまいそう』『薔薇族編集長奮戦記』『薔薇を散らせはしまい』『薔薇ひらく日を』『編集長「秘話」』『薔薇よ永遠に』『薔薇族の人びと』等がある。伊藤文学ブログ▼http://bungaku.cocolog-nifty.com/barazoku/

上記内容は本書刊行時のものです。