版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
パーシヴァル・ローエル デイヴィッド・シュトラウス(著) - 彩流社
.

パーシヴァル・ローエル ボストン・ブラーミンの文化と科学

発行:彩流社
A5判
339ページ
上製
定価 3,800円+税
ISBN
978-4-7791-1306-2
Cコード
C0023
一般 単行本 伝記
出版社在庫情報
在庫僅少
初版年月日
2007年11月
書店発売日
登録日
2021年2月17日
最終更新日
2021年2月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

“火星人”に魅せられたローエルは、『極東の魂』『オカルト・ジャパン』
『能登』など日本研究の先駆けでもあった。現在のNASAに受け継がれた
宇宙開拓精神の源流とも言うべき思想と行動の実像に迫った労作。

版元から一言

パーシヴァル・ローエルの邦訳された著作に、『極東の魂』(川西瑛子訳、
公論社、1977年)、『日本と朝鮮の暗殺――ローエル・レポート』(伊吹浄編、
公論社、1979年)、『能登・人に知られぬ日本の辺境』(宮崎正明訳、
パブリケーション四季、1979年/十月社、1991年)があるようです。
『オカルト・ジャパン』(1894年)が杏林大学保健学部の平岡厚氏により、
翻訳出版予定(2007/11現在⇒『神々への道  米国人天文学者の見た神秘の国・日本』
(パーシヴァル・ローエル 著 、平岡厚/上村和也 訳、2013年10月、国書刊行会)、
『オカルト・ジャパン―外国人の見た明治の御嶽行者と憑霊文化』
(パーシヴァル・ローエル著、菅原 壽清 訳、2013年3月、岩田書院))。
他、『知られざるジャパノロジスト・ローエルの生涯』(宮崎正明著、
丸善ライブラリー、1995)も刊行されています。

著者プロフィール

デイヴィッド・シュトラウス  (シュトラウス,デイヴィッド)  (

デイヴィッド・シュトラウス(1937年、ミズーリー州セントルイス生まれ)
コロンビア大学歴史学科 Ph.D. カラマズー大学歴史学名誉教授 
リヨン大学、早稲田大学国際学部で教える。
単著 Menace in the West: The Rise of French
Anti-Americanism in Modern Times (Greenwood Press) 他

井上 正男  (イノウエ マサオ)  (

井上正男(福井県生)
京都大学理学部(宇宙物理学)博士課程修了 理学博士
北國新聞社論説委員兼北國総合研究所主任研究員 
日本科学技術ジャーナリスト会議会員。日本ローエル協会運営委員。
共著『科学ジャーナリストの手法』(化学同人)他

大西 直樹  (オオニシ ナオキ)  (

大西直樹(東京都生まれ)
国際基督教大学比較文化研究科博士後期課程満期退学 学術博士
国際基督教大学教養学部教授。日本ローエル協会運営委員。
単著『ピルグリムファーザーズという神話』(講談社メチエ、1998)、
『ニューイングランドの宗教と社会』(彩流社、1997)、
編著 Amy Lowell: Complete Poetical Works and Selected Writings
(Edition Synapse, 6 vols)『アメリカの政教分離』(エドウィンSガウスタッド著、
大西直樹 訳、みすず書房、2007年)『歴史のなかの政教分離』(大西直樹・
千葉眞 編、彩流社、2006年)『ウォーキング』(ヘンリーD.ソロー著、大西直樹 訳、
春風社、2005年)『アメリカ古典文学研究』(D.H.ローレンス著、大西 直樹 訳、
講談社文芸文庫、1999年)『今、アメリカは』(斎藤 眞・大西直樹 編著、南雲堂、
1995年)『オーデュボン伝』(コンスタンス・ルーアク 著、大西直樹 訳、平凡社、
1993年)ほか。

佐久間 みかよ  (サクマ ミカヨ)  (

佐久間みかよ(三重県生まれ)
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得満期退学 
和洋女子大学人文学部英文学科准教授。
分担著『パワーズ・ブック』(みすず書房)、『20世紀英語文学辞典』(研究社)、
翻訳「甘美なるコロニアリズム再考」(『水声通信』、水声社)他

荒木 純子  (アラキ ジュンコ)  (

荒木純子(東京都生まれ)
東京大学大学院総合文化研究科博士課程満期退学
青山学院女子短期大学専任講師。
分担執筆「ピューリタン社会における性差の形成??
ニュータウンでの法廷におけるアン・ハッチンソンの審問」
『史料で読むアメリカ文化史(1)』(東京大学出版会)他

上記内容は本書刊行時のものです。