版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
チューリングの妄想 エドゥムンド・パス・ソルダン(著) - 現代企画室
.

チューリングの妄想
原書: EL DELIRIO DE TURIING

発行:現代企画室
四六判
544ページ
並製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-7738-1417-0
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年7月
書店発売日
登録日
2014年7月8日
最終更新日
2014年9月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2014-10-19 朝日新聞
評者: 佐倉統(東京大学教授・科学技術社会論)

紹介

ボリビア発、現代ラテンアメリカ文学の最前線!
文学的企みとエンターテイメントを両立させた、一級のテクノスリラー小説!
「魔術的リアリズム」とは異なる、新世代のラテンアメリカ文学が登場

時は21 世紀、舞台はボリビア、激しい混乱に見舞われた架空の近代都市リオ・フヒティーボ。学生たちがバリケードを築く、昔ながらの抗議行動の裏で、ネット社会に深く関わるハッカーたちは複雑につながり、時の政権にサイバー攻撃を仕掛ける。時間と場所を共有する7人のストーリが絡み合い同時並行的に展開する近未来小説であるとともに、脳とコンピュータの関係、バーチャルワールドと現実世界、などさまざまな現代的要素を混在させ、ラテンアメリカ社会のいまをも浮かび上がらせる野心作。

1967 年生まれのソルダンは、親の世代が挑んだ闘争を客観的に対象化できる世代に属する。グローバリズムのもたらした社会状況に従順に適応していく世代の、シニカルなニヒリズムの立場から世代間の軋轢・対立を描く。

ラテンアメリカの新しい作家たちの中でもエドゥムンド・パス・ソルダンはもっとも創造性にあふれた作家のひとりである。―マリオ・バルガス・ジョサ

著者プロフィール

エドゥムンド・パス・ソルダン  (Edmundo Paz Soldan)  (

1967 年、ボリビアのコチャバンバに生まれる。1997 年にラテンアメリカ文学博士号を取得(カリフォルニア大学バークレー校、2005 年)。現在はコーネル大学ラテンアメリカ文学教授。作品は英語、フランス語、フィンランド語、トルコ語、ポルトガル語等に翻訳されている。『チューリングの妄想』はボリビア国民小説賞(2002年)を受賞。英語、トルコ語、ポルトガル語に翻訳されている。初期の短編『ドチェーラ』では1997 年にファン・ルルフォ短編小説賞を受賞。

服部 綾乃  (ハットリ アヤノ)  (

翻訳家。清泉女子大学文学部卒(スペイン語スペイン文学科)。コレッヒオ・デ・メヒコ(メキシコ)に留学(国際関係論)。訳書にモンテロッソ『黒い羊他』(石川隆介との共訳、書肆山田、2006)、モンテロッソ『全集 その他の物語』(石川隆介との共訳、書肆山田、2008)、メルバ・ファルク他『グアダラハラを征服した日本人』(石川隆介との共訳、現代企画室、2010)、レヒナルド・ウスタリス・アルセ『チェ・ゲバラ最後の真実』(石川隆介との共訳、武田ランダムハウスジャパン、2011)。メキシコの詩人アレ・デ・ラ・プエンテ「忘れる 覚えている」の翻訳(詩誌「三蔵2」第6号)など。

石川 隆介  (イシカワ リュウスケ/Juan Ryusuke Ishikawa)  (

1974年メキシコ、グアダラハラ生まれ。ラテンアメリカ文学博士(カリフォルニア大学バークレー校、2005)。慶應義塾大学総合政策学部特別招聘講師を経て、カリフォルニア州立大学Fullerton校準教授。訳書にモンテロッソ『黒い羊他』(服部綾乃との共訳、書肆山田、2006)、モンテロッソ『全集 その他の物語』(服部綾乃との共訳、書肆山田、2008)、メルバ・ファルク他『グアダラハラを征服した日本人』(石川隆介との共訳、現代企画室、2010)、レヒナルド・ウスタリス・アルセ『チェ・ゲバラ最後の真実』(石川隆介との共訳、武田ランダムハウスジャパン、2011)。

上記内容は本書刊行時のものです。