版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
黒澤明の十字架 指田 文夫(著/文) - 現代企画室
.

黒澤明の十字架 戦争と円谷特撮と徴兵忌避

発行:現代企画室
四六判
縦187mm 横130mm 厚さ18mm
重さ 300g
216ページ
並製
定価 1,900円+税
ISBN
978-4-7738-1304-3
Cコード
C0074
一般 単行本 演劇・映画
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年3月
書店発売日
登録日
2013年3月11日
最終更新日
2013年4月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2013-05-19 朝日新聞
評者: 出久根達郎(作家)

紹介

なぜ、黒澤明は、優れた作品を残し、また世界的
な評価を得られたのだろうか。理由は簡単である。
彼の映画の軌跡が、戦中、戦後の日本の歩みその
ものだったからだ。(本書より)

戦争に「行けなかった」黒澤明の孤独な闘い

1949 年の問題作『静かなる決闘』に黒澤明の贖罪意識を読みとった著者は、その正体を突きとめるべく、戦中・戦後の東宝の動き、当時の観客の反応や黒澤周辺の人たちの証言を丹念に調べていく。そこから浮かび上がったのは、戦争と東宝を巡る意外な事実の数々、戦後の黒澤が作品に込めたメッセージ、そして歴史のヴェールに包まれた「航空教育資料製作所」の姿だった。黒澤映画に新たな視点から光を当て、戦後映画史の読み替えを迫る探究の書。

【本書内容̶目次より】
1 悩める三船敏郎/ 2 『静かなる決闘』の謎/ 3 PCL入社まで/ 4 戦争に行かなかった黒澤明/ 5 召集延期の実態/ 6 東宝の複合性/ 7 日本映画各社の状況/ 8 戦意高揚映画は見られていたのか/ 9 軍需企業としての東宝(航空教育資料製作所秘話)/ 10 航空教育資料製作所の意義/ 11 戦時中の黒澤明/ 12 松崎啓次と黒澤明/ 13 『一番美しく』と徴兵延期/ 14 娯楽映画としての黒澤映画/ 15 八月一五日の黒澤明/ 16 『明日を創る人々』から分裂のなかで/ 17 『新日本文学』の黒澤明/ 18 作家主体の確立̶『わが青春に悔いなし』/19 騙されたことにも罪がある/ 20 「来なかったのは軍艦だけ」/ 21 最初の罪の告白̶『静かなる決闘』/ 22 『静かなる決闘』の失敗と小品『肖像』『醜聞』/ 23 『静かなる決闘』から『羅生門』へ/ 24 黒澤明と橋本忍/ 25 懺悔と許し̶『赤ひげ』/ 26 黒澤明の倫理性の行方(一九五〇年代以降の変遷)/ 27 『トラ・トラ・トラ!』の戦場/ 28 壮大なレクイエム̶『乱』『影武者』『夢』/ 29 なぜ告白できなかったのか/ 30 黒澤明の全体像/ 31 作品と実体験

著者プロフィール

指田 文夫  (さしだ ふみお)  (著/文

大衆文化評論家。1948 年生。元横浜市職員、「ウォーマッド横浜」など企画。著書に『いじわる批評これでもかっ!』(晩成書房)

上記内容は本書刊行時のものです。