版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
わがシネマの旅 : 韓国映画を振りかえる 扈 賢贊(著) - 凱風社
...

わがシネマの旅 : 韓国映画を振りかえる

発行:凱風社
縦200mm
501ページ
価格情報なし
ISBN
9784773626032
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2001年11月
登録日
2015年12月25日
最終更新日
2015年12月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

20世紀初頭に誕生した韓国映画は日本の植民地支配、軍事政権下の言論抑圧、民主化の到来を経て、今日新たな展開を見せはじめた。本書は、韓国映画そのものに寄り添って半世紀を生きてきた著者が、体験談やエピソードなどを交えて書き下ろした韓国映画の歩み。

目次

韓国映画前史
韓国映画の誕生
無声映画時代-1923~1934年
トーキーの時代へ-1935~1939年
受難の時代-1940~1945年
自分の名前を取りもどした韓国人-1945~1949年
ああ!朝鮮戦争-1950~1954年
韓国映画の開花-1955~1960年
4月の春はあまりにも短かった-1961~1964年
韓国映画の黄金時代-1965年~1969年
70年代の光と影-1970~1979年
転換期の80年代-1980~1984年
開放化時代へ1985~1989年
待望の1990年代、そして新世紀の幕開け前夜-1990年~2000年
韓国映画の相貌
21世紀を展望して

上記内容は本書刊行時のものです。