版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
はじめてのワイン法 蛯原 健介(著/文) - 虹有社
.

はじめてのワイン法

発行:虹有社
四六判
縦188mm 横127mm 厚さ21mm
368ページ
並製
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-7709-0063-0
Cコード
C2032
実用 単行本 法律
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年9月
書店発売日
登録日
2014年7月25日
最終更新日
2014年9月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ワイン法とは何か? それは、なぜ必要なのか?
ワイン法の模範とされるフランスとEU の法律を中心に、
その成り立ちと内容を分かりやすく紹介し、日本の現状を考える。
ワイン法研究者による、日本で初めてのワイン法の入門書です。

目次

ワイン法とは何か?
 第一章 ワイン法とは何か?
 第二章 ワイン法の成り立ち

ワイン法を知る
 第三章 ヨーロッパのワイン法
 第四章 ワインの定義
 第五章 原産地呼称を知る
 第六章 EUのラベル表示規制

日本の現行法はどうなっているか?
 第七章 日本における栽培・醸造をめぐる法的規制
 第八章 日本のラベル表示規制
 第九章 ワインの流通に関する法規制

ワイン法と世界
 第十章 国際化するワイン法

著者プロフィール

蛯原 健介  (エビハラ ケンスケ)  (著/文

1972 年、福岡市に生まれる。熊本県立濟々黌高等学校、中央大学法学部卒業。立命館大学大学院法学研究科博士後期課程(公法専攻)修了。博士(法学)。明治学院大学法学部専任講師・助教授・准教授を経て、現在、明治学院大学法学部教授。専門は公法学およびワイン法。明治学院大学法学部において「ワイン法ゼミ」を担当。2014 年1 月より国際ワイン法学会理事。一般社団法人 日本ワイン協会(日本ワインを愛する会)理事。2013 年10 月、ブルゴーニュワイン騎士団シュヴァリエ叙任。主な著書(共著)に『世界のワイン法』(日本評論社、2009 年)、『フランスAOCワイン事典』(三省堂、2009 年)、『EUとフランス―統合欧州のなかで揺れる三色旗』(法律文化社、2012 年)、『比較憲法』(ミネルヴァ書房、2012 年)などがある。また、『ワイナート』(美術出版社)57 号より「事例から学ぶワイン法」を連載。

上記内容は本書刊行時のものです。