版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
つなみ THE BIG WAVE パール・S・バック(著) - 径書房
.

つなみ THE BIG WAVE
原書: The Big Wave

発行:径書房
四六判
縦195mm 横135mm 厚さ15mm
重さ 265g
104ページ
上製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-7705-0190-5
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2005年2月
書店発売日
登録日
2013年8月21日
最終更新日
2013年8月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2011-12-25 東京新聞/中日新聞
評者: 金田久璋(民俗学者)

紹介

【2012.3/5から3/17まで、NHKラジオにて放送決定! 3.11を挟み、2週にわたって毎日15分、紺野美沙子さんの語りで放送されることになりました。NHKラジオ第2「朗読」平日9:45~10:00(再放送・土22:25~23:40)】
【2011.10.17(月)朝日新聞夕刊「こころ」欄の記事で、大きく紹介されました。】

津波で、家も家族も失った少年。その少年を暖かくつつみ、命に対する深い智恵と愛情をもって再生を助ける人々──。日本を舞台にして、ノーベル賞作家パール・バックが描いた死と再生の物語。
「大きな苦しみを背負ってしまった人を、どうしたら支えられるのか」という問いに対する明快な答えを、パール・バックがいま、時を越えて私たちに教えてくれる。
『ごんぎつね』の黒井健の、あたたかい、やわらかなイラストは、私たちの心にゆっくりとしみこみ、生きていることの喜びを静かに伝えてくれる。
死が身近でなくなったいま、私たちは大切な人を失って絶望に沈む人を癒す智恵を失いつつあるのかもしれない……。
【米国児童文学賞受賞作品】
Cheldren's Book Award(現在はJosette Frank Awardと改称)は困難を乗りこえて成長する若者を描いた文学的に価値の高い作品にあたえられます。

前書きなど

 この日本についての物語は、私の思い出から生まれたものです。かつて私は、海辺の丘の中腹にある小さな日本家屋に住んでおりました。ある夏、津波がやって来て、浜辺の村が流されたのです。ですから、キノとジヤのこの物語は、本当にあった話だといえるかもしれません。──パール・バック

版元から一言

家を失い、愛する家族を失った人々を前に、かける言葉もなく立ちつくすだけの私たち。死を身近に感じることがほとんどなくなったいま、私たちは、大切な人を亡くして絶望にあえぐ人々をつつみ、支えるだけの智恵を失ってしまったのかもしれない。
死ぬこともできないほどの絶望を抱えながら、人はどのようにして生きる力を取り戻していくのだろう。どうしたら私たちは、それを手助けすることができるだろう。
地震大国日本に住み、何度も地震やつなみに襲われている私たちは、またいつ何時、逆らいがたい力に愛する者を奪われるかしれない。地球という星の圧倒的な力のまえで、人間が為しえることは本当にわずかなことだけだ。
しかし、それでも命は受け継がれ、脈打って流れゆく。この本を読み終わったとき、私たちのなかにあふれるのは、はかない命を生きる私たち人間に対する静かな共感と深い愛である。人間は哀しい。けれど、人間はすばらしい……。

著者プロフィール

パール・S・バック  (

1892年ウェスト・ヴァージニア生まれ。生後3ヶ月で中国に渡り、18歳まで、中国で育つ。その後アメリカの大学に入学するが、再び中国へ戻り、執筆活動を始める。31年『大地』でピューリッツァー賞受賞。38年ノーベル文学賞受賞。その他の著書『東の風・西の風』『息子たち』『分裂した家』等。1973年死去。

黒井 健  (クロイ ケン)  (

1947年新潟市生まれ。新潟大学教育学部卒業後、学習研究社に入社し、2年間絵本の編集に携わる。退社後フリーのイラストレーターになり、83年第9回サンリオ美術賞を受賞。主な絵本『ごんぎつね』『手ぶくろを買いに』(偕成社刊)画集に『ハートランド』(サンリオ刊)『ミシシッピ』『雲の信号』(偕成社刊)等がある。

上記内容は本書刊行時のものです。