版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
南シナ海領土紛争と日本 矢吹 晋(著) - 花伝社
.

南シナ海領土紛争と日本

発行:花伝社
四六判
上製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-7634-0782-5
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年6月
書店発売日
登録日
2016年6月14日
最終更新日
2016年8月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

沖ノ鳥島は島か岩か?
中国「南シナ海岩礁埋め立て」のがそっくり真似た日本の「沖ノ鳥島護岸工事」。
加えて、今日の南シナ海混乱の起源は、戦時中の日本軍の全域制圧にもあった。

南シナ海・南沙諸島紛争は人類が経験した最も複雑な領有権争いである。その出発点に、日本の敗戦処理において、日本が戦時中に領有したこれらの島々を放棄しただけで帰属先を決めていないことがあった。
決して他人事ではない南シナ海領有紛争。その解決には人類の英知が試され、日本の役割が問われている。

目次

第1章 南シナ海南沙諸島紛争
第2章 沖ノ鳥島は「島」か「岩」か
第3章 東シナ海における大陸棚延伸問題――大陸棚は沖縄トラフに迫る――
補 章 再論、尖閣「国有化騒動」批判
結び――「領海ナショナリズム」という妖怪

著者プロフィール

矢吹 晋  (ヤブキ ススム)  (

1938年生まれ。東京大学経済学部卒。東洋経済新報社記者、アジア経済研究所研究員、横浜市立大学教授を経て、横浜市立大学名誉教授。(財)東洋文庫研究員、21世紀中国総研ディレクター、朝河貫一博士顕彰協会代表理事。
著書:『文化大革命』、『毛沢東と周恩来』(以上、講談社現代新書)、『朝河貫一とその時代』、『日本の発見──朝河貫一と歴史学』、『劉暁波と中国民主化のゆくえ』、『チャイメリカ』、『尖閣問題の核心』『尖閣衝突は沖縄返還に始まる』『敗戦・沖縄・天皇』『対米従属の原点 ペリーの白旗』(以上、花伝社)他多数。

上記内容は本書刊行時のものです。