版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
父の遺言 伊東 秀子(著) - 花伝社
.

父の遺言 戦争は人間を狂気にする

発行:花伝社
四六判
上製
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-7634-0775-7
Cコード
C0020
一般 単行本 歴史総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年6月
書店発売日
登録日
2016年4月15日
最終更新日
2016年8月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2016-08-19 週刊読書人
評者: 臺宏士=ライター

紹介

戦争における「加害」の傷痕
人間にとって戦争とは何か
人が人として生きるとは、どういうことか

七三一部隊に多くの中国抗日活動家を送った罪で特別軍事法廷で裁かれた父――上坪鉄一
日中戦争の戦犯たちの「認罪」の記録は今を生きる我々に何を物語っているのか

目次

Ⅰ 1945年8月15日敗戦
Ⅱ 日本人戦犯たちの中国撫順での処遇と教育
Ⅲ 日本人戦犯たちの「認剤」
Ⅳ 中国から帰った戦犯たちのその後―「中帰連」の活動
Ⅴ 日本軍が「満州国」で行ったこと
Ⅵ 特高警察と憲兵の支配した「満州国」―関東憲兵隊
Ⅶ 七三一部隊
Ⅷ 「三光作戦」
Ⅸ 父の行った戦争犯罪

著者プロフィール

伊東 秀子  (イトウ ヒデコ)  (

1943年満州(現中国東北地方)生まれ。
1966年東京大学文学部卒業後、東京家庭裁判所調査官を経て、3人の子育てをしながら1979年司法試験合格。
1981年弁護士登録。
1990~95年まで衆議院議員2期を務める。
1995年に弁護士業を再開し、恵庭OL殺人事件や櫻井忠などの弁護を担当。また、医療過誤・行政・労災事件等多くの民事事件に取り組んでいる。
著書に、『めぐりくる季節』、『ひとりから、ひとりでも』(以上花伝社)、『佐川急便事件の真相』(岩波ブックレット)、『恵庭OL殺人事件:こうして「犯人」は作られた』(日本評論社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。