版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
国策通信社「同盟 」の興亡 鳥居 英晴(著/文) - 花伝社
.

国策通信社「同盟 」の興亡 通信記者と戦争

発行:花伝社
A5判
832ページ
上製
定価 5,000円+税
ISBN
978-4-7634-0708-5
Cコード
C3036
専門 単行本 社会
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2014年7月
書店発売日
登録日
2014年7月14日
最終更新日
2014年10月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2014-09-28 日本経済新聞
評者: 佐藤卓己(京都大学准教授)

紹介

知られざるプロパガンダ通信社「同盟」
誕生から崩壊までわずか10年の濃密な歴史ドラマ

アジア太平洋戦争下、史上空前の規模を誇り、戦時報道をになった同盟通信。異能の記者たちは、戦争へとひた走る時代とどう向き合い、どう抗い、流されていったか? 日中関係の緊張、秘密保護法の制定、憲法9条の解釈改憲と、戦前に酷似する状況のなか、同盟通信の興亡から何を学ぶべきか? 東アジアで繰り広げられたメディア戦を俯瞰しつつ、同盟通信の誕生、膨張と崩壊をたどり、メディア研究の空白に迫る。

目次

第一部 通信社の揺籃時代
第二部 日中戦争と同盟の形成
第三部 アジア太平洋戦争下の同盟
第四部 敗戦と同盟解散

著者プロフィール

鳥居 英晴  (トリイ ヒデハル)  (著/文

1949年、東京・武蔵野市生まれ。1972年、慶応大学経済学部卒業、共同通信社入社。
著書に『日本陸軍の通信諜報戦――北多摩通信所の傍受者たち』(けやき出版、2011年)等がある。

上記内容は本書刊行時のものです。