版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
司法崩壊の危機 鈴木 秀幸(著/文) - 花伝社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:なし
返品の考え方: 返品は常時承ります。了解書が必要な場合は久保。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

司法崩壊の危機 弁護士と法曹養成のゆくえ

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:花伝社
A5判
330ページ
並製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-7634-0667-5   COPY
ISBN 13
9784763406675   COPY
ISBN 10h
4-7634-0667-1   COPY
ISBN 10
4763406671   COPY
出版者記号
7634   COPY
Cコード
C3036  
3:専門 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年6月
書店発売日
登録日
2013年6月12日
最終更新日
2013年6月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

このままでは司法は衰退する!

法学部の不人気、法科大学院志願者の激減と予備試験への集中、法科大学院生・修習生が抱える高額の借金、弁護士過剰と就職難──司法試験合格者3000人の目標撤回だけでは何も解決しない。弁護士人口の適正化と法曹養成制度の抜本的な見直しが必要ではないのか?

法曹養成制度検討会議の現状認識と見識を問う

目次

Ⅰ 法曹(弁護士)人口の在り方/鈴木秀幸
Ⅱ 法曹有資格者の活動領域の在り方/武本夕香子
Ⅲ 法曹養成制度の在り方 
1 法曹養成制度の理念と現状に対する批判的検討/立松 彰
2 法科大学院の抱える問題点と改革の方向/森山文昭
3 司法試験・予備試験について/森山文昭
4 司法修習の現状と問題/白浜徹朗
Ⅳ 法曹養成制度検討会議に対する私のパブリックコメント/打田正俊

著者プロフィール

鈴木 秀幸  (スズキ ヒデユキ)  (著/文

1970年、東京大学法学部卒業。1973年、司法研修所入所(27期)。1975年、名古屋弁護士会登録。現在、愛知県弁護士会所属。鈴木秀幸法律事務所所長。
〈主な経歴〉
日本弁護士連合会司法問題対策委員会委員、日弁連司法シンポジウム委員(第11回、第16回大会基調報告者)、日弁連法曹養成センター委員、愛知県弁護士会司法問題対策委員会委員長、同会憲法問題委員会委員、中部弁護士会連合会司法問題対策委員会委員長、戦争と平和の資料館ピースあいち理事・運営委員、弁護士会野球部員。

森山 文昭  (モリヤマ フミアキ)  (著/文

1977年、京都大学法学部卒業。2001年、名古屋大学大学院法学研究科博士後期課程満期退学。1977年、司法研修所入所(31期)。1979年、名古屋弁護士会(現在の愛知県弁護士会)登録。ソレイユ法律事務所。2002年、名城大学教授。2004年、愛知大学教授。
〈主な経歴〉
(審議会)法曹養成制度等改革協議会協議員、法曹三者協議会協議員。(日弁連)法曹人口政策会議副議長、司法問題対策委員会委員、法曹養成センター委員。(中弁連)理事、司法問題対策委員会委員、司法制度調査委員会委員。(愛知県弁護士会)副会長、常議員、司法問題対策委員会委員、司法制度調査委員会委員、法科大学院委員会委員、研修センター運営委員会委員。

白浜 徹朗  (シラハマ テツロウ)  (著/文

佐賀県出身。1985年、京都大学法学部卒業。司法研修所入所(39期)。1987年、京都弁護士会登録。現在、弁護士法人白浜法律事務所所長。
〈主な経歴〉
日弁連公設事務所・法律相談センター副委員長、同司法修習委員会副委員長、同法曹人口政策会議委員、同業務改革委員会委員、京都弁護士会副会長、同司法修習委員会委員長、同法律相談センター運営委員会委員長、同業務推進委員会委員長、法務省京都人権擁護委員会会長。

打田正俊  (ウチダ マサトシ)  (著/文

1968年、中央大学法学部卒業。1971年、司法研修所入所(25期)。1973年、名古屋弁護士会登録。現在、愛知県弁護士会所属。打田法律事務所経営。
〈主な経歴〉
日弁連司法制度委員会委員、名古屋弁護士会地方法廷委員会委員長、愛知県弁護士会司法問題対策委員会委員、同会法曹人口政策協議会委員。

上記内容は本書刊行時のものです。