版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
公認心理師のための「発達障害」講義 下山 晴彦(監修) - 北大路書房
.
臨床心理フロンティア

公認心理師のための「発達障害」講義

発行:北大路書房
B5判
224ページ
並製
定価 3,000円+税
ISBN
978-4-7628-3045-7
Cコード
C3311
専門 全集・双書 心理(学)
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年12月
書店発売日
登録日
2018年9月19日
最終更新日
2018年12月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-10-05 精神療法    第45巻第5号
評者: 二宮宗三氏(国立国際医療研究センター国府台病院)

紹介

学び続ける! 実践で活きる知識と技能を手にするために。

講義動画と組み合わせて重要なテーマを学べるシリーズ。
現代臨床心理学を牽引するエキスパートによる講義を紙面で再現。
講義で取り上げた用語やキーワードは「講義メモ」で丁寧に補足し、内容理解が深まる「確認問題」と「付録」つき。
本書のPart1では障害分類とその診断の手続き,Part2では心理職の役割について,Part3では自閉スペクトラム症に焦点をあてたその理解(アセスメント)の方法,Part4ではその支援について学べる。

◆主な目次◆
◎PART 1 心理職のための発達障害の診断入門__桑原 斉
 0 はじめに:講義の概略 
 1 総論:神経発達症群ョンが求められる理由
 2 知的能力障害群
 3 コミュニケーション症群
 4 自閉スペクトラム症
 5 注意欠如・多動症
 6 限局性学習症
 7 運動症群・他の神経発達症群
 PART 1 確認問題
◎PART 2 発達障害支援における心理職の役割__田中康雄
 0 はじめに:生活障害としての発達障害
 1 生活の質を高める支援
 2 発達支援における心理職の役割
 3 心理職の発達支援技能を高めるために
 4 発達障害支援についてのQ & A
 PART 2 確認問題
◎PART 3 自閉スペクトラム症(ASD)のアセスメントの基本を学ぶ__稲田尚子
 0 はじめに:講義の概略
 1 ASDの各ライフステージにおける行動特徴
 2 アセスメントレベルのスクリーニングと評価
 3 ASDのスクリーニングツール
 4 ASDの診断・評価ツール
 5 包括的アセスメントを行なうために
 6 アセスメントから始まる支援
 PART 3 確認問題
◎PART 4 自閉スペクトラム症(ASD)の理解と支援の基本を学ぶ__黒田美保
 0 はじめに:講義の概略
 1 ASDの理解と支援に役立つ基礎知識
 2 ASDの行動の特徴
 3 ASDの認知の特徴
 4 ASDの基本的な支援方法
 PART 4 確認問題
◎付録 発達障害に関する法律

目次

PART 1 心理職のための発達障害の診断入門
0 はじめに:講義の概略 
1 総論:神経発達症群
 1 発達障害の定義
 2 DSMと発達障害,神経発達症群
 3 診断の原則
 4 フォーミュレーションと包括的な評価
 5 フォーミュレーションが求められる理由
2 知的能力障害群
 1 知的能力障害群とその定義
 2 知的能力障害
 3 全般的発達遅延
 4 特定不能の知的能力障害
3 コミュニケーション症群
 1 コミュニケーション症群の構成
 2 言語症
 3 語音症
 4 小児期発症流暢症
 5 社会的コミュニケーション症
 6 特定不能のコミュニケーション症
4 自閉スペクトラム症
 1 自閉スペクトラム症の概念
 2 自閉スペクトラム症の判断のポイント
 3 他のASDの判断ポイント
 4 ASDに対する合理的配慮
 5 該当すれば特定すべき項目
 6 ASDの研究
5 注意欠如・多動症
 1 注意欠如・多動症(ADHD)の構成
 2 ADHD診断の問題
 3 他のADHDの判断のポイント
 4 過剰診断と薬物療法
 5 他の特定される注意欠如・多動症
 6 特定不能の注意欠如・多動症
6 限局性学習症
 1 限局性学習症の定義
 2 限局性学習症の判断のポイント
 3 限局性学習症のカットオフ
7 運動症群・他の神経発達症群
 1 運動症群の構成
 2 発達性協調運動症
 3 常同運動症
 4 チック症群
 5 他の神経発達症群
 6 PART 1のまとめ
PART 1 確認問題

PART 2 発達障害支援における心理職の役割
0 はじめに:生活障害としての発達障害
1 生活の質を高める支援
 1 生活障害の生活の質を高めるために
 2 生活障害に対する心理職の役割
 3 発達障害の支援とは
2 発達支援における心理職の役割
 1 心理職に期待すること:医療現場(1)
 2 心理職に期待すること:医療現場(2)
 3 心理職に期待すること:教育現場
 4 心理職に期待すること:福祉現場
3 心理職の発達支援技能を高めるために
 1 アセスメントとは
 2 心理職が期待すること
4 発達障害支援についてのQ & A
PART 2 確認問題

PART 3 自閉スペクトラム症(ASD)のアセスメントの基本を学ぶ
0 はじめに:講義の概略
1 ASDの各ライフステージにおける行動特徴
 1 DSMにおけるASDの判断のポイント
 2 幼児期早期のASDの行動特徴
 3 幼児期後期のASDの行動特徴
 4 児童期から成人期のASDの行動特徴
2 アセスメントレベルのスクリーニングと評価
 1 ASDのアセスメントのレベルとは
 2 それぞれのレベルの代表的なアセスメントツール
 3 アセスメントの精度:感度と特異度
 4 アセスメントツールのカットオフの意味
3 ASDのスクリーニングツール
 1 一次スクリーニングのアセスメントツール
 2 二次スクリーニングのアセスメントツール
 3 スクリーニングと「短縮版」
4 ASDの診断・評価ツール
 1 欧米のASD診断・評価のゴールド・スタンダード
 2 ADI-R
 3 ADOS-2
5 包括的アセスメントを行なうために
 1 包括的アセスメントとは
 2 包括的アセスメントのために
6 アセスメントから始まる支援
 1 アセスメントのプロセスを通じて
 2 アセスメント結果のフィードバック
 3 ASDの支援におけるポイント
 4 定期的なアセスメントの必要性
 5 アセスメントに基づく支援の提案
 6 ASDをアセスメントするために
PART 3 確認問題

PART 4 自閉スペクトラム症(ASD)の理解と支援の基本を学ぶ
0 はじめに:講義の概略
1 ASDの理解と支援に役立つ基礎知識
 1 通常学級の中の発達障害
 2 発達障害の概念とその変化
 3 ASDの診断基準の変化:カテゴリーからスペクトラムへ
 4 ASDの概念の広がり
 5 ASDの発生率の変化
 6 成人期の診断の増加
 7 ASDの性差と危険因子
 8 ASDの併存疾患
2 ASDの行動の特徴
 1 社会的コミュニケーションおよび対人的相互反応における障害の社会的コミュニケーションの障害
 2 社会的コミュニケーションおよび対人的相互反応における障害の対人相互反応の障害
 3 限定した興味と反復行動
3 ASDの認知の特徴
 1 ASDを理解するための3つのレベル
 2 ASDの3つの認知仮説
 3 心の理論
 4 中枢性統合理論
 5 実行機能の障害
 6 ASDの認知特性のまとめ
4 ASDの基本的な支援方法
 1 ASD支援の基本姿勢
 2 ASD支援の種類
 3 ASD支援の過程
 4 ASD支援のための心理学的介入法
 5 構造化
 6 応用行動分析
 7 認知行動療法による感情制御
 8 家族への介入の重要性
 9 PART 4のまとめ
PART 4 確認問題

付録 発達障害に関する法律

上記内容は本書刊行時のものです。