版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
見なされる差別 奥田 均(著) - 解放出版社
.

見なされる差別 なぜ、部落を避けるのか

発行:解放出版社
A5判
102ページ
並製
定価 1,300円+税
ISBN
978-4-7592-1026-2
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2007年11月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-05-15 SYNODOS  
評者: 奥田 均

紹介

「部落出身者と見なされたくない」から部落問題を避けるという差別の現実。日常生活や意識調査、土地差別などの具体例から、属地差別への変遷や「部落出身者」とは誰かの規程、「忌避意識」の構造を考え、新しい社会動向を探る。

目次

まえがき
Ⅰ なぜ、「部落出身者差別」でないのか                     
  1「部落差別」という表現への疑問
  2 部落出身者の登場しない部落差別の現実
  3「当たり前」」をもう一度考える  
Ⅱ データで考える「部落出身者とは誰か」
  1 大阪府民の判断基準
  2 同和地区住民の判断基準
  3 自己認知と被差別体験
  4 部落出身者とは誰か
Ⅲ 属人的差別から属地的差別へ             
  1 土地とのかかわりに傾斜する差別意識の発露の手がかり
  2 属地的差別を支えた戸籍制度
  3 部落の生活実態と近代日本の価値観
Ⅳ 忌避する論理と土地差別               
  1 忌避という戦略
  2 部落の土地にかかわる差別
Ⅴ 基準の拡大と忌避する主体の形成           
  1 生き残っている封建的賤視観
  2 拡大する「見なし」の目印
  3 忌避する主体の形成  
Ⅵ 開き直った忌避意識論                
  1 忌避意識と偏見
  2 忌避意識と幸福追求権
  3 「見なされない」から「違うと見なされる」へ
Ⅶ なぜ部落問題だけが人権問題と表現されていくのか   
  1 部落問題が人権問題と表現されていく不思議
  2 積極的事情と消極的事情
  3 「同対審」答申や「同和対策事業法」の果たした役割
  4 新たな認識枠組みの形成へ
Ⅷ 忌避意識論の検証
  1 検証の論点
  2 部落出身者規定と忌避意識の現実
  3 差別の現実認識と忌避意識
  4 社会動向認識と忌避意識
Ⅸ 忌避意識解体への模索                
  1 忌避意識への対抗
  2 差別撤廃への「社会的躾け」の形成
  3 部落内外の協働の推進
あとがき

版元から一言

なぜ、部落出身者差別でなく、部落差別と呼ばれるのか?
なぜ、部落問題だけ、人権問題と表現されるのか?

著者プロフィール

奥田 均  (オクダ ヒトシ)  (

現在、近畿大学人権問題研究所教授。(社)部落解放・人権研究所理事、大阪市社会福祉協議会理事など。著書に『人権のステージ─夢とロマンの部落解放』『土地差別問題の研究』『土地差別─部落問題を考える』『結婚差別─データで読む現実と課題』など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。