版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
エンブレムの宇宙 ピーター・デイリー(編著) - ありな書房
.

エンブレムの宇宙 西欧図像学の誕生と発展と精華
原書: COMPANION TO EMBLEM STUDIES

発行:ありな書房
A5判
縦216mm 横152mm 厚さ34mm
568ページ
上製
定価 7,200円+税
ISBN
978-4-7566-1329-5
Cコード
C0070
一般 単行本 芸術総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年10月
書店発売日
登録日
2013年10月7日
最終更新日
2013年10月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

生と死と始原と終末、自然と魔術と円蛇と火蜥蜴、螺旋と迷宮と優美と驚異、神と人と宇宙と思弁、美と恐怖と夢と狂気、愛と倒錯と美女と妖精、文化の基層に隠された謎/真理を、インスクリプティオとピクトゥーラとスプスクリプティオで表現する、一六世紀以来、西欧表象文化に深く根を下ろした綺想迸る〈エンブレム〉の研究集大成!

目次

序 文  ピーター・M・デイリー/伊藤博明
1 エンブレム──序論  ピーター・M・デイリー/伊藤博明
2 エンブレムの書誌  スティーヴン・ロールズ/伊藤博明
3 エンブレムの理論──現代と近代初期  ピーター・M・デイリー/伊藤博明
4 アンドレア・アルチャート──父にして君主  デニス・L・ドライスダール/伊藤博明
5 イエズス会のエンブレム  G・リチャード・ディムラー/伊藤博明
6 近代ラテン語のエンブレム──人文主義的教育、古典的古代、……  K・エネンケル/松田隆美
7 フランスおよびフランス語圏のエンブレム  ダニエル・ラッセル/田中久美子
8 ドイツ語圏のエンブレム  ディートマー・パイル/山内志朗
9 ハンガリーのエンブレム  クナップ・エーヴァ+トュシュケーシュ・ガーボル/上村清雄
10 イタリア・ルネサンスのインプレーサ  リアナ・デ・ジロラミ・チーイニー/大歳剛史
11 低地諸国のエンブレム  エルス・ストロンクス/寺門臨太郎
12 ポーランドのエンブレム  ヤヌシュ・ペルツ/加藤有子
13 ロシアのエンブレム  ペドロ・F・カンパ/桑野隆
14 スカンディナヴィアのエンブレム  サイモン・マキューワン/石井朗
15 スペインのエンブレム──歴史と特徴  アントニオ・ビスタリーニ+ジョン・カル/田中久美子
16 英国とアメリカのエンブレム  メアリー・V・シルコックス/松田美作子
17 エンブレム的タイトル・ページと扉絵  カール・ヘルトゲン/松田美作子
18 物質文化におけるエンブレム  ピーター・M・デイリー/伊藤博明
19 エンブレムと旗  アラン・R・ヤング/松田隆美
20 トーナメントにおけるエンブレム  アラン・R・ヤング/松田隆美
21 現代のロゴ、広告、宣伝におけるエンブレムの残存  ピーター・M・デイリー/伊藤博明
原 註
文献案内
解 説 エンブレムの宇宙──エンブレム研究の集大成  伊藤博明
人名索引

著者プロフィール

ピーター・デイリー  (ピーター・デイリー)  (編著

国際エンブレム学会の創始者、初代会長、エンブレム研究の世界的権威

伊藤博明  (イトウヒロアキ)  (監訳

日本におけるエンブレム研究の第一人者 ルネサンス精神史

石井朗  (イシイアキラ)  (訳・構成

表象芸術論の若手ホープ

松田隆美  (マツダタカミ)  (

日本のエンブレム研究者 英文学

田中久美子  (タナカクミコ)  (

日本のエンブレム研究者 フランス中世・近世芸術史

山内志朗  (山内志朗)  (

日本のエンブレム研究者 倫理学・中世哲学

上村清雄  (ウエムラキヨオ)  (

日本のエンブレム研究者 イタリア・ルネサンス美術史

大歳剛史  (おおとしつよし)  (

日本のエンブレム研究者 イタリア中世ルネサンス文学

寺門臨太郎  (テラカドリンタロウ)  (

日本のエンブレム研究者 ネーデルラント美術史

加藤有子  (カトウアリコ)  (

日本のエンブレム研究者 ポーランド文学

桑野隆  (クワノタカシ)  (

日本のエンブレム研究者 ロシア文学

松田美作子  (マツダミサコ)  (

日本のエンブレム研究者 英文学

上記内容は本書刊行時のものです。