版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
妖精鬼殺人事件 吉村 達也(著/文) - 飯塚書店
.
魔界百物語 1

妖精鬼殺人事件

発行:飯塚書店
四六変型判
縦188mm 横123mm 厚さ25mm
重さ 390g
400ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-7522-7001-0
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年9月
書店発売日
登録日
2011年8月5日
最終更新日
2013年2月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2011年5月――
 精神分析医・氷室想介のもとに赤いリボンの女が相談にやってきた。そしてまくし立てたのは9・11同時多発テロ陰謀論。2カ月後、電力不足の灼熱地獄にあえぐ夏の東京で、彼女の幼い息子が14階の自宅から転落した。
 そのとき少年は室内にひとりきり。警察は事故死と判断したが、調査に訪れた氷室の目の前で第二の事件発生! 
 少年の死は心のバランスを崩した母の犯罪かと思われたが、氷室は意表を衝く実行犯を突きとめる。そして背後にひそむ殺人狂QAZとの対決が、いよいよ始まった!
 ミステリーの王道をいく「意外なヒント」「意外なトリック」「意外な犯人」。全百巻の開幕にふさわしい謎めいた人物QAZの登場。
 ストーリーも100%一新した「魔界百物語」から目が離せない!

目次

【目次】
プロローグ1:陰謀説が好きな主婦
プロローグ2:QAZ
第1章:白昼の悲劇
第2章:博士と警部と案内人
第3章:氷室想介の傷
第4章:落ちてくる
第5章:転落の真実
第6章:空を翔る夢
エピローグ:魔界百物語第一話

版元から一言

吉村達也がライフワークと位置づける全100巻の書き下ろしミステリーの第一弾です。

著者プロフィール

吉村 達也  (ヨシムラ タツヤ)  (著/文

1952年、東京生まれ。一橋大学卒業後、ニッポン放送編成プロデューサー、扶桑社書籍編集長を経て1990年より専業作家。扶桑社在籍中のデビュー作『Kの悲劇』から2009年までに200著作突破。
近刊:「初恋の湯」殺人事件 (講談社文庫)・陰陽師暗殺 (集英社文庫 )・Dの変身 (PHP文芸文庫)・ソックリさん (角川ホラー文庫)・王様のトリック (双葉
文庫) など、ベストセラー多数。
当『魔界百物語』シリーズでは主人公「氷室想介」と時代を共に歩むストーリ展開にし、自らライフワークと位置づけ100本の書き下ろしに挑む。

上記内容は本書刊行時のものです。