版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
すればするほど幸せになれる感謝のサンプル52 金井 健一(著) - 飯塚書店
.

すればするほど幸せになれる感謝のサンプル52

発行:飯塚書店
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ16mm
重さ 260g
256ページ
並製
定価 1,429円+税
ISBN
978-4-7522-6014-1
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2010年3月
書店発売日
登録日
2013年2月28日
最終更新日
2013年2月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

この本を開いた瞬間から心の中の“うろこ”がどんどんはがれ落ちていって、途中から自分の心がみるみるきれいになっていくことに気がつきます。
そして、今まで意識もしていなかった心の隙間に幸せが溢れてくる感覚を味わうことでしょう。
本当の幸せは感謝する事から始まるということがよくわかり、なぜ感謝なのかもスッと理解できます。
「あれしろ!これしろ!」の啓発書でもなく、「魂」だ「霊」だのスピリチャル本とも違い、当たり前の話に真理が発見でき、本当の幸せにたどり着く事ができる本です。

目次

はじめに
第一章 感謝のはじまり
1 あなたは奇跡を超越した唯一無二の存在
2 あなたはすでに完全である!
3 最大限のあなた
4 あなただけの人生脚本
5 あなたの時間はあなたの人生そのもの
6 あなたの現世所在地
第一章のまとめ

第二章 感謝の24時間
7 感謝の目覚め
8 感謝の食事
9 感謝の仕事
10 感謝の掃除
11 感謝のお金
12 感謝の眠り
第二章のまとめ

第三章 感謝って!!
13 感謝とは……
14 なぜ感謝の気持ちが大事なのか
15 感謝の気持ちを無視し続けたらどうなってしまうのか
16 どうしたら感謝の気持ちを習慣化することができるのか?
17 感謝の力点
18 感謝の次に……
19 感謝の後出しジャンケンは通用しない……
20 最後は感謝だけ……
第三章のまとめ

第四章 感謝力で一石千鳥
21 感謝力で運気が上がる
22 感謝力で本物の上げマンに
23 感謝力で人生のベクトルが上がる
24 感謝力で勝負強さが手に入る
25 感謝力でモテ度が上がる
26 感謝力で本物の健康が手に入る
27 感謝力で本物の美が手に入る
28 感謝力でプラス思考が習慣になる
29 感謝力で賢人になる
30 感謝力で過去が変わる
第四章のまとめ

第五章 感情が人生の勘定になる
31 感情を極める
32 知ってるつもり? 感情
33 光る感情の原石 Ⅰ
34 光る感情の原石 Ⅱ
35 光る感情の原石 Ⅲ
36 感情の錬金術 Ⅰ
37 感情の錬金術 Ⅱ
38 感情が人生の勘定になる Ⅰ
39 感情が人生の勘定になる Ⅱ
40 感情が人生の勘定になる Ⅲ
41 感情が人生の勘定になる Ⅳ
第五章のまとめ

第六章 感謝の王国
42 王妃……愛
43 王子……思いやり
44 王女……ゆるし
45 騎士……勇気
46 魔法使い……インスピレーション
47 民の責任
48 民の焦り
49 民の自意識過剰
50 民の幻想
51 民の誘惑
52 王国の掲示板
最後のまとめ

前書きなど

この本を手にとっていただき心から感謝いたします。
一人でも多くの人が本当の幸せを感じながら人生を過ごせるお手伝いがしたくて、この本の執筆にいたりました。最後までお付き合い頂けたら光栄です。
この本は耳障りのいい自己啓発本でも成功ノウハウ本でもなく、日本で初めての自己忘止本なのです。自己忘止とは人間にとって最も意識しなければならない大事な事実を忘れてしまうことを防ぐことなのです。
私がこの本を通じて皆様に伝えたいメッセージ、それは、私たち一人一人は一生涯、不眠不休で感謝の気持ちを伝え続けても感謝し尽くせないほどの環境におかれているということです。
有史以来、すべての人間が幸せを求め苦しみをなくしたいと願い、そのための努力を続けてきました。二十一世紀を迎えた今でもそれは変わることはないでしょう。それなのに、不満や苦しみが次々と生じてきて、願っているような幸せを感じられる人が本当に少ないのはなぜなのでしょうか。
私は自分の経験を通じ、また様々な分野の多くの人々に触れて一つの答えが出たのです。
それは、感謝すべき事実をいつのまにか忘れてしまい、それが原因となって私たち人間の心を混乱させ、望まぬ苦しみを自らが作り出してしまっていたのです。
人間は誰しも幸せになる権利があり幸せになるために生まれてきたのです。自分を啓発することも成功のノウハウを学ぶことも人生において大事なことでしょう。
しかし、本当の幸せを感じるために最も意識して習慣にしなければならないのは感謝の気持ちなのです。
人生の幕を閉じるとき、私たちは自分の人生を魂によって精算しなければなりません。それは感謝か後悔か二つに一つなのです。
感謝の気持ちを忘れ日常の忙殺にまみれ流されて生きてしまった代償は後悔です。ですから感謝の気持ちの重要性を伝え続けることは私の使命だと思っています。
私自身も以前は日常に流され満たされない日々を何年も過ごしてきた一人です。しかし、たった一つのメッセージが人生の景色を変えてくれたのです。
その言葉こそ、有ることが難しいと書いて有難うという感謝の言葉でした。
どうかこの本の中の一つのメッセージがあなたの心を軽くし幸せを導き、新しい自分に出会うきかっけになることができればそれ以上の喜びはありません。

版元から一言

これまで自己啓発書に今ひとつピンと来なかった人、その気になっても結局三日坊主になってしまう人たちに是非読んでいただきたい本です。

著者プロフィール

金井 健一  (カナイ ケンイチ)  (

1973年、東京生まれ。
高校を卒業後、20業種を経験。28歳の時に人材派遣業を起業するも資金繰りに窮し2年で巨額の借金とともに倒産。その後、裸一貫から看板などの飛び込み営業で借金を返済し、投資業などで財を築き上げ現在にいたる。
様々な人生経験を通じて人間関係、仕事、健康、お金などについて本当の豊かさの追求のため2009年株式会社KANSHAを立ち上げる。

上記内容は本書刊行時のものです。