版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
殺人鬼ゾディアック ゲーリー・L・スチュワート(著) - 亜紀書房
.
亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズⅡ-13 3

殺人鬼ゾディアック 犯罪史上最悪の猟奇事件、その隠された真実

発行:亜紀書房
四六判
440ページ
上製
定価 2,700円+税
ISBN
978-4-7505-1433-8
Cコード
C0030
一般 単行本 社会科学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2015年8月
書店発売日
登録日
2015年7月8日
最終更新日
2016年12月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2015-10-11 読売新聞
評者: 宮部みゆき(作家)

重版情報

2刷 出来予定日: 2015-10-26
2015年8月刊行、書評多数。初めはHONZで紹介。そのあと読売新聞で宮部みゆき氏による書評。2刷が出来てきたタイミングで京都新聞、神戸新聞等の地方紙に書評掲載。

紹介

平山夢明氏(ホラー小説家)推薦!!

1960年代末に全米を震え上がらせた正体不明の猟奇殺人犯「ゾディアック」。大胆にもマスコミに送りつけられた犯行声明、自身の本名が書かれたという解読不能の暗号文の数々……。警察と暗号解読のプロが長らく解くことができず、迷宮入りした連続殺人事件の隠された真相がついに明らかに!?
全米騒然の話題のノンフィクションがついに翻訳!

(本文より)
「私は書斎に戻り、父の写真と指名手配のポスターにあるゾディアックの二枚の似顔絵を、細部に至るまでじっくり比べていった。驚異的に似ていた」

「私は三つの暗号文があたかも「スィーク・ア・ワード」誌のパズルでもあるかのように、ある一つの文字から出発して縦、横、斜めに父の名前を探していった。一目瞭然、すぐに見つかった。EV BEST Jr。私の父はほんとうにゾディアックだったのだ」

著者プロフィール

ゲーリー・L・スチュワート  (ゲーリー・L・スチュワート)  (

ゾディアック事件の真犯人の息子と目される男

スーザン・ムスタファ  (スーザン・ムスタファ)  (

ジャーナリスト

高月 園子  (タカツキ ソノコ)  (

翻訳家・エッセイスト。訳書にアブエライシュ『それでも、私は憎まない』、ラトレル&ロビンソン『アフガン、たった一人の生還』、ソルニット『災害ユートピア』、ブレンダン・I・コーナー『ハイジャック犯は空の彼方に何を夢見たのか』(いずれも亜紀書房)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。