版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
コミュニケーション断念のすすめ 信田 さよ子(著/文) - 亜紀書房
.

コミュニケーション断念のすすめ

発行:亜紀書房
四六判
192ページ
並製
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-7505-1329-4
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年9月
書店発売日
登録日
2013年8月16日
最終更新日
2013年9月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

生きづらさや息苦しさは、コミュニケーション「不足」ではなく「過剰」が原因だった……。
長年にわたって「家族の問題」に取り組んできた臨床心理士による、まったく新しい視点からの普遍的コミュニケーション論です。人間関係が苦手な人、家族や友人との付き合いが息苦しい人、今の日本の社会は生きづらいと感じている人が読者です。

目次

第一章 コミュニケーション過剰な日本ー濃密な非言語コミュニケーション/必死の「笑い」
第二章 「絆」の息苦しさー絆と暴力/一体感のリスク/パロディとしての尼崎事件
第三章 バッシングの正体ースケープゴートを求める社会/穏やかな日常に満ちる悪意
第四章 コミュニケーションなき安全地帯ーコンプレックスと優越意識/男のアキバ、女の新大久保
第五章 「自分が否定されない世界」を確保しようー刷り込みに苦しめられないために/言い返せる関係を

著者プロフィール

信田 さよ子  (ノブタ サヨコ)  (著/文

原宿カウンセリングセンター所長
臨床心理士

上記内容は本書刊行時のものです。