版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
宅間守 精神鑑定書 岡江 晃(著/文) - 亜紀書房
.

宅間守 精神鑑定書 精神医療と刑事司法のはざまで

発行:亜紀書房
四六判
416ページ
上製
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-7505-1310-2
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年5月
書店発売日
登録日
2013年4月30日
最終更新日
2013年6月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2015-03-08 朝日新聞
2013-07-01 新潮45  
評者: 稲垣真澄

紹介

2001年6月8日午前10時過ぎ、宅間守(当時37歳)は用意していた出刃包丁で、附属池田小学校の教室内において次々と、小学校1年、2年の児童8人を刺殺し、児童13人と教諭2人に重軽症を負わせた。
2003年8月、大阪地方裁判所において死刑判決。弁護団は控訴。しかしその後、宅間自身が控訴を取り下げたため、死刑確定。2004年9月、きわめて異例の速さで死刑執行。

著者は、現在までに90件におよぶ刑事事件被告人の精神鑑定をしている。宅間守は、著者にとって33番目の事例である。2002年10月、大阪地方裁判所からの依頼により宅間守の精神鑑定書を作成するにあたり、著者は大阪拘置所において、2002年10月から2003年1月の間に計17回、宅間守と面接した。

本書は、2003年1月、大阪地方裁判所へ提出された精神鑑定書を、ほぼそのまま収載している。

目次

第一章 家族歴

第二章 本人歴
第一節 生活歴
第二節 精神科治療歴
第三節 生活歴、現病歴に関する宅間守の陳述

第三章 本件犯行
第一節 本件犯行に関する宅間守以外の供述
第二節 本件犯行ー鑑定時に述べたこと

第四章 現在症
第一節 精神所見
第二節 心理検査所見
第三節 身体所見

第五章 精神医学的診断
第一節 精神医学的診断
第二節 本件犯行とその心理
第三節 精神能力

第六章 鑑定主文

著者プロフィール

岡江 晃  (オカエ アキラ)  (著/文

精神科医師/元・京都府立洛南病院院長

上記内容は本書刊行時のものです。