版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
小泉武夫のミラクル食文化論 小泉 武夫(著) - 亜紀書房
.

小泉武夫のミラクル食文化論

発行:亜紀書房
四六判
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7505-1308-9
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年4月
書店発売日
登録日
2013年3月6日
最終更新日
2013年4月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2013-05-19 日本経済新聞

紹介

人類は「食」を「文化」にまで高めて生きのびてきた!
「胃袋」の考古学から見えてくるもの
縄文人の食生活、神話に出てくるパンと酒、人類
が昆虫を食べてきた理由、灰の実力、保存法とし
ての発酵と解毒の不思議から、食料自給率、バイ
オエタノール、捕鯨問題といった現代の問題まで
――読みやすい語り口のお馴染みコイズミ節で
縦横無尽に「食文化」の深淵を「ドラマチック」
に解き明かします。

目次

人は何を食べてきたか
火と灰
食と道具と知恵
原始国家と神の誕生
酒のはじまり
塩と人間
保存する技術1(干す・燻す他)
保存する技術2(発酵)
毒と解毒食品

版元から一言

東京農業大学での最終講義
「食文化論」を完全収録。
自他共に認める食と発酵の
スペシャリストの最後の大著、
ここに結実!

上記内容は本書刊行時のものです。