版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
帝都の事件を歩く 中島岳志(著/文) - 亜紀書房
.

帝都の事件を歩く 藤村操から2・26まで

発行:亜紀書房
四六判
320ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-7505-1221-1
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2012年8月13日
最終更新日
2012年9月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

近代日本の青年たちが、『坂の上の雲』をつかんだ先には、おおきな虚空があるだけだった。日露戦争後、青年たちは「なんのために生きるのか」を自らに問いかけ、悩みを抱えるようになった。そして本郷・東大の周辺に集まった煩悶青年たちは、やがて政治へ目覚めていく。
第一次世界大戦後の好景気、不況、震災は、社会に格差を生み出し、青年たちは鬱屈をさらに深めて、血盟団事件、5・15、2・26などのテロを生む。
森まゆみさんを案内役に、本郷にはじまり東京駅、日本橋、両国、田端、赤坂・・・・・・、東京で繰り広げられた近代史の現場を歩く!

目次

1、煩悶青年を生み出した本郷
2、右翼クーデターは江戸川橋ではじまった
3、東京駅はテロの現場
4、隅田川と格差社会
5、田端と芥川龍之介の死
6、日本橋と血盟団事件
7、永田町とクーデター

上記内容は本書刊行時のものです。