版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
DV・虐待 加害者の実体を知る ランディ・バンクロフト(著) - 明石書店
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引:なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

DV・虐待 加害者の実体を知る (ディーブイギャクタイカガイシャノジッタイヲシル) あなた自身の人生を取り戻すためのガイド (アナタジシンノジンセイヲトリモドスタメノガイド)
原書: WHY DOES HE DO THAT?: Inside the Minds of Angry and Controlling Men

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:明石書店
A5判
456ページ
並製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-7503-2890-4   COPY
ISBN 13
9784750328904   COPY
ISBN 10h
4-7503-2890-1   COPY
ISBN 10
4750328901   COPY
出版者記号
7503   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2008年12月
書店発売日
登録日
2010年2月18日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

DV・虐待はなぜくり返されるのか。社会的通説に隠れ虐待を重ねるDV加害者の心理を暴き、その行動・手口を読み解く。被害者にならないため、またDV加害者から逃れるためにはどうすべきか、具体策を提供する画期的な書。

目次

 日本の読者の皆さんへ
 謝辞
 用語について
 はじめに

第 I 部 加害者の考え方
 第1章 虐待の謎(ミステリー)
 第2章 DV神話──まちがった俗説
 第3章 DV加害者の考え方
 第4章 DV加害者のタイプ

第II部 親密な関係でのDV加害者
 第5章 虐待はどのように始まるのか
 第6章 日常生活でのDV加害者
 第7章 DV加害者とセックス
 第8章 DV加害者と依存症
 第9章 DV加害者と別離

第III部 社会とDV加害者
 第10章 DV加害者はどんな親か
 第11章 DV加害者とその味方
 第12章 DV加害者と法制度

第IV部 DV加害者を変える
 第13章 DV加害者はどのように作られるのか
 第14章 変化へのプロセス
 第15章 虐待のない世界を創る

 監訳者あとがき
 資料 DVに関しての相談機関と保護命令について

前書きなど

はじめに(一部抜粋)

(…前略…)

本書の使い方

 怒りで相手をコントロールしようとする男性と一緒に暮らす女性が必ず経験することの一つに、男性から「何をどう考えるべきか」を執拗に諭され、さらには諭されることで女性が自分の考えや信念をもちにくくしてしまうことがあります。そうした経験をした女性が本書を読んで、不健全な関係を二度と繰り返さないようになることを私は望みます。これから本書を読み進んでいく上で常に心に留めていただきたいのは、私の説明を受け入れると同時に、自分自身でしっかりと考えるということです。私がDV加害者について述べたことのうち一つでもあなた自身の経験と合致しないことがあれば、その部分は外して、合致すると思う部分のみを集中的に読むとよいでしょう。時には本書を閉じて自問してみてください──これは私たちの関係にどうあてはまるのだろうか。相手をコントロールしたり残忍なことをする男性に彼が該当するのなら、彼は何を考え、行動するのだろうか。もし、あなたの経験に関係しない部分があれば──例えば、子どもがいない、相手から身体的な攻撃を受けた経験がない、など──そこは飛ばし、参考になりそうなほかの項目に読み進んでください。
 一人でこの本を読むと、自分の中で重圧となっていた知覚や体感が再びよみがえってきそうで耐えられないという女性がいるかもしれません。そんなときは信頼できる友人や家族たちと一緒にいることをお勧めします。本書を読んでいくと自分自身の立場がより一層明確になるかと思いますが、痛みを伴う苦悩の感覚を再び呼び起こすことになるかもしれません。

(…中略…)

 DV加害者によるコントロールや見下しが日常的なものなら、間違いなくあなたは、一日の大半を相手のことばかり考えているはずです。どうやって彼を喜ばせようか、どうしたら彼は浮気をしないでいてくれるのか、どうすれば彼を変えられるのか等々。その結果、あなたは自分自身のことを考える時間がほとんどなく、あるとしても、「彼は私の何が気に障るのか」くらいでしょう。私が本書を執筆した最大の理由の一つは、読者の想定とは逆かもしれませんが、実はあなたにできるだけ彼のことを「考えない」ように仕向けることです。できるだけ多くの質問に答え、さらには彼の虐待行為がもたらした数々の混乱を一掃することで、あなたが──あなたが母親であれば子どもたちも──相手の仕掛けた心の罠から解き放たれ、本来のあなた自身の人生へ戻るために本書を使っていただきたいのです。怒りで相手を支配したがる男性は、いわば掃除機のようなもので、女性の心も日々の生活もすべて吸い取ってしまうのです。しかし、そこから再び自分の生活を取り戻す道はあります。最初の一歩は、DV加害者が何をしているのかを冷静に見極め、なぜ彼がそうするのか考えることです。本書を読んでいただければ具体的に説明しています。加害者の考え方を深く分析できるようになったら──本書を読めばできるようになります──次のあなたの行動は、一刻も早く水面に浮上して、できるだけ長く水の外へ出ていくことです。これは、必ずしも「彼と別れなさい」といっているのではありません。それは、あなたにしか決められない、非常に込み入った個人的な問題だからです。彼のところにとどまるか、それとも別れるか、いずれの選択をしたにせよ、「彼にこれ以上、私の人生のレンズを歪めさせてはならない、私の心の真ん中に土足で入りこんでくるようなことはさせない」と強く決意するあなたになれるのです。どうか自分の人生を取り戻してください。大切なあなた自身の人生なのですから。

著者プロフィール

ランディ・バンクロフト  (バンクロフト,ランディ)  (

DV加害者専門カウンセラー、臨床スーパーバイザー、監護権評定者、子ども虐待調査官などを歴任。米国マサチューセッツ州にて1000人を超える加害者のケースに関わる。他にもDVがある家庭に育った10代男子のためのグループ活動を行なったり、女性の人権問題などでも精力的に活動。主な訳書に『DVにさらされる子どもたち――加害者としての親が家族機能に及ぼす影響』(金剛出版、2004年)、『DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す――お母さんと支援者のためのガイド』(明石書店、2006年)

高橋 睦子  (タカハシ ムツコ)  (監訳

吉備国際大学大学院教授(福祉政策論)・(通信制)大学院国際協力研究科長。外務省職員、島根県立大学教授などを経て現職。元ニューヨーク州最高裁判所判事長マージョリー・D・フィールズ氏の島根県での講演会(2002年)で通訳を務めたことをきっかけにDV問題への関心を深め、2006~2008年には国際交流基金日米センターの知的交流助成「ドメスティック・バイオレンス克服に向けての『共感』の促進――市民社会における安全な生活の希求」プロジェクトを実施。

中島 幸子  (ナカジマ サチコ)  (監訳

NPO法人レジリエンス代表。DVコンサルタント、ソーシャルワーカー。DVの被害にあった経験がきっかけとなり勉強を始め、1991年に米国にて法学博士号取得。2001年ごろからDVについての講演活動を開始。2003年にソーシャルワーク修士号取得。同年、東京で「レジリエンス」を結成。東京と横浜で女性のための「こころのケア講座」を毎月行いながら、全国各地で毎年多数の講演を行う。杏林大学非常勤講師、茨城県立医療大学非常勤講師。

山口 のり子  (ヤマグチ ノリコ)  (監訳

アウェア代表。男女平等の社会づくりに30年間取り組む。シンガポールではDVやセクシャル・ハラスメント被害者支援および裁判支援をし、ロサンゼルスでは大学院で臨床心理学を学び、DV加害者プログラムのファシリテーター向けトレーニングを受ける。帰国後2002年に「アウェア」を開設して、DV加害者プログラムを、2003年にはデートDV防止教育を始める。『愛する、愛される』(梨の木舎、2004年)をはじめとする本の執筆や講演活動とともに、デートDV防止プログラム・ファシリテーターの養成をしている。CABIP(米国カリフォルニア州DV加害者プログラム協議会)運営委員。「アウェア」http://www.aware.cn

上記内容は本書刊行時のものです。