版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
世界ホームレス百科事典 デーヴィッド・レヴィンソン(編集代表) - 明石書店
.

世界ホームレス百科事典
原書: ENCYCLOPEDIA OF HOMELESSNESS

発行:明石書店
B5判
804ページ
上製
定価 38,000円+税
ISBN
978-4-7503-2665-8
Cコード
C0536
一般 事・辞典 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2007年12月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

現代における最大の社会問題の一つである「ホームレス」。社会政策、法制度、歴史から文学にいたるまで、ホームレスに関する様々なトピックを、世界で初めて体系的にまとめあげた百科事典の待望の日本語訳。アメリカを中心に世界各国のホームレス事情を網羅。

目次

目次

監修者序言
見出し語一覧(英語)
見出し語一覧(日本語)
項目別ガイド
コラム一覧
執筆者一覧
はじめに
謝辞
編者紹介
利用の手引き
項 目:A―Z
参考資料1 ホームレスの自伝的および小説的作品の文献目録
参考資料2 アメリカのホームレスの劇映画および記録映画の作品目録
参考資料3 ストリートペーパー住所録
参考資料4 ホームレスの文献史
参考資料5 ホームレス関連文献の総合目録

監訳者あとがき
索引

前書きなど

監修者序言
 日本社会のかかえる重大な問題としてホームレスがひろく認識されるようになったきっかけのひとつは、1996年の新宿西口広場でのダンボール小屋の強制的な撤去とそこに居住するホームレスの力による排除であったとおもわれる。そののち紆余曲折をへて、2002年に「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」が制定された。しかしながら、この法がきわめて不十分であったことは、2007年に台風9号が襲来したさい、増水のため救助された複数の人びとが多摩川河川敷に居住していたホームレスであったことに劇的にしめされている。
 グローバル化とともにもたらされた格差社会化の進展により、ホームレス問題は日本でもこれからますます深刻化していくことになろう。その予兆はすでにネットカフェ難民の激増にあらわれている。この問題にとりくむためには、この現象の実態的および理論的把握と、それにもとづく適切な行動のプログラムが必要とされる。本事典はまさにこの課題にこたえるために編集されたものである。
 本事典の日本語版の意義は以下の三点に集約されよう。
 第一に、ホームレス問題にかんしては、日本ではすでに多くのすぐれた調査データや研究の蓄積があり、また支援活動や対策事業も積極的にとりくまれている。それにもかかわらず、地球社会を構成する他の諸社会におけるこの問題にかんする情報の日本への導入は、ややもすれば体系性を欠き断片的であったと考えられる。それは、文学関係を別にして、本事典に収録されている主要な参考文献の日本語訳がほとんど皆無であることからもあきらかである。したがって、本事典の日本語版は、この情報の欠落を大きく補完するという役割をはたすことになろう。
 第二に、先述した特別措置法においては、ホームレスとは「都市公園、河川、道路、駅舎その他の施設を故なく起居の場とし、日常生活を営んでいる者をいう」と定義されている。この定義がまったく不十分であることは、ネットカフェ難民を包含できないことにも端的にしめされている。また、この法の目的とする「自立支援」が重要な解決策のひとつであることはいうまでもないが、たとえば自立が困難なホームレスなどについては放置されてしまう。すなわち自立支援以外にも状況におうじてさまざまな解決策が提示される必要があるのである。本事典は、定義および対策について日本の文脈にも適用できる多様な考え方や事例を提供している点で参考とすべきところが多い。
 第三に、いわば地球市民的ともいえるグローバルなネットワークがあらゆる領域で存在感をしめしている今日、ホームレス問題への対処についてもグローバルな連携が必要であることはいうまでもない。本事典には、日本以外の支援活動団体や対策事業の主体が詳細に紹介されている。これを活用して国境をこえるネットワーク化をはかれば、日本での問題解決に資することはもちろん、日本の支援活動団体や自治体の参加によりグローバルなネットワークも強化されよう。
 以下、本事典の特色として二点ほどあげたい。第一の特色として、文学および映像の重視があげられる。文学については、すでに日本語訳された古典も数多く、また日本で上映された映画もたくさんある。第二の特色としては、イギリスの1601年救貧法と1834年改正救貧法の全文が収録されていることがあげられる。ちなみにいえば、とくに前者の原文は古い文体の英語であり、本事典全体のなかでも日本語訳がもっとも困難であった。
 本事典の原典は2004年に刊行されたものであるが、明石書店から日本語訳の監修者にならないかという話がわたしにあったのは、刊行後ほどないころであった。なにしろ大部の事典であるので、実際の翻訳は十数名のチームを編成しておこない、それを専門家のグループにチェックしてもらうことにしたい、ついてはその監訳者グループを組織してもらえないだろうかということだった。
 一読して本事典の意義は確信したものの、わたしは研究生活のごく初期に山谷の日雇労働者の社会的移動についての論文を一本発表したことがあるだけで、ホームレスについては調査研究の経験がない。そのため、この分野について多数のすぐれた業績をだされている、ともにふるい研究仲間である田巻松雄氏および青木秀男氏に相談したところ、ご協力いただけるとのことであった。この両氏を中心に監訳者グループが編成されて、はじめての会合をもったのは2005年1月20日であった。それから2年有余が経過したが、この間訳語の統一をはじめとする諸作業のしんどさはなかなかのものであった。(後略)

著者プロフィール

デーヴィッド・レヴィンソン  (レヴィンソン,デーヴィッド)  (編集代表

 文化人類学者。バークシャー出版グループ(Berkshire Publishing Group [BPG])社長。
 1996年にカレン・クリステンセン(Karen Christensen)とともにBPGを設立する以前は、イェール大学の人間関係地域別資料(略称HRAF)に在籍。モントクレア州立大学で心理学士号、ニューヨーク大学ワグナー公共行政大学院で行政学修士号、ニューヨーク州立大学バッファロー校で人類学博士号を取得。1971~1972年と1984年にバワリー街とニュージャージー州ニューアークで民族学調査を実施、1972年にアメリカの都市におけるホームレス問題を調査した。そのほか、家族関係、アルコール依存症の治療、民族関係、および社会理論について研究している。

駒井 洋  (コマイ ヒロシ)  (

 中京女子大学人文学部教授。1970年東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。東洋大学社会学部専任講師、筑波大学社会科学系助教授、同教授を経て、現職。筑波大学名誉教授。
〈主要業績〉
『外国人労働者定住への道』明石書店、1993年
『国際社会学叢書・アジア編(全7巻)』(監修)国際書院、1993-4年
『講座 外国人定住問題(全4巻)』(監修)明石書店、1995-6年
『新来・定住外国人がわかる事典』(共編著)明石書店、1997年
『日本の外国人移民』明石書店、1999年
『超過滞在外国人と在留特別許可』(共編著)明石書店、2000年
『講座 グローバル化する日本と移民問題(全6巻)』(監修)明石書店、2002-4年
『グローバル化時代の日本型多文化共生社会』明石書店、2006年

田巻 松雄  (タマキ マツオ)  (監訳

 宇都宮大学国際学部教授。1984年筑波大学大学院社会科学研究科博士課程修了。名古屋商科大学を経て、現職。
〈主要業績〉
『フィリピンの権威主義体制と民主化』国際書院、1993年
『場所をあけろ! 寄せ場/ホームレスの社会学』(共著)松籟社、1999年
『自然災害と国際協力――フィリピン・ピナトゥボ大噴火と日本』(共編著)新評論、2001年
『偏見から共生へ――名古屋発・ホームレス問題を考える』(共著)風媒社、2003年
『地域研究の課題と方法 アジア・アフリカ社会研究入門 理論編』(共編著)文化書房博文社、2006年

上記内容は本書刊行時のものです。