版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
中米・カリブ海、南米 綾部 恒雄(監) - 明石書店
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引:なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

中米・カリブ海、南米 (チュウベイカリブカイナンベイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:明石書店
A5判
344ページ
上製
定価 4,800円+税
ISBN
978-4-7503-2452-4   COPY
ISBN 13
9784750324524   COPY
ISBN 10h
4-7503-2452-3   COPY
ISBN 10
4750324523   COPY
出版者記号
7503   COPY
Cコード
C0339  
0:一般 3:全集・双書 39:民族・風習
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2007年1月
書店発売日
登録日
2010年2月18日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

第1部では主としてメキシコの先住民を,第2部ではアンデス地方とアマゾン地域の先住民の歴史と現状を,豊富な写真資料を基にいきいきと描く。第1部中米・カリブ,第2部南米の2部構成からなる本書では,10カ国・地域に居住する17の民族を収録。

目次

序文 先住少数民族について
第1部 中米・カリブ海
 解説(黒田悦子)
〈メキシコ〉
 1 ウィチョル◇共同体の生き残りに尽くす人びと(安元正也)
 2 ナワ◇農耕儀礼とフォーク・カトリシズムの諸相(山本匡史)
 3 ナワ(ワステカ地方)◇社会変化のなかの女性たち(山本昭代)
 4 ミシュテカ◇「ミシュテカ」民族意識の現在(野禪美帆)
 5 ミヘ◇民族の運動と出稼ぎ・移住に活路を求めて(黒田悦子)
 6 ユカテコ◇衰退する焼畑農耕と高揚し始めた民族意識(鈴木 紀)
 7 ツォツィル◇「やわらかい文化」の継承と更新(落合一泰)
〈グアテマラ〉
 8 マム◇揺れるグアテマラの現代マヤ(小泉潤二)
 9 キチェ◇織りと装いが織りなす女性の世界(本谷裕子)
〈ドミニカ国〉
 10 カリブ◇観光化を生かした生活の再構築(江口信清)
第2部 南 米
 解説(木村秀雄)
〈チリ〉
 11 マプーチェ◇異文化を駆使して民族の復権をめざす「大地の人びと」(千葉 泉)
〈アンデス(都市)〉
 12 チョロ◇都市のインディオ(佐々木直美)
〈ボリビア〉
 13 アイマラ◇近代ボリビアにおけるアイマラ系先住民と土地所有の文書化(吉江貴文)
〈パラグアイ〉
 14 グアラニー◇先住民族女性が創りだす二一世紀(藤掛洋子)
〈ペルー〉
 15 アシャニンカ◇アンデス山脈中部の東斜面の先住民(石川 毅)
〈ブラジル〉
 16 パノ◇パノ系先住民集団(木村秀雄)
〈ベネズエラ〉
 17 ヒビ◇多文化主義時代をきりひらく生き残りの達人たち(石橋 純)
監修者あとがき
索引
編者・執筆者紹介

前書きなど

序文
 二一世紀に入り五年目を迎えている。一九九一年のソ連邦の崩壊により、米ソの冷戦構造は終焉を迎え、折から目覚しい発展を遂げてきたIT(情報技術)の時代が、政治的平和とともに華やかに幕開けしたかにみえた。華やかな期待の多くは、人類が構築してきた科学・技術に対するものであった。宇宙科学、生命科学、ナノ・テクノロジーの驚異的進歩は、ITの発展とともに、人類の古来からの夢の多くを実現させていくかにみえたのである。
 しかし他方で、地球の自然、人間の環境は恐るべき勢いで荒廃してきている。空気や水の汚染、地球温暖化による氷河・氷山の溶解と海面水位の上昇、森林の破壊による砂漠化の広がり、エネルギー資源の枯渇、人口の増大と食糧不足、そして貴重な動植物の種の絶滅、狂牛病の発生、HIVやSARSのような新型ウイルスの出現も、人類による自然の秩序破壊と無関係ではないと思われる。
 こうした人類文化の変化・発展と地球環境の荒廃の中で、そのマイナス面のしわ寄せを最も苛酷に被っているのが一般的に当該国民国家の中で少数民族と呼ばれている人びと、なかでも先住少数民族と呼ばれる多くの孤立的集団であろう。
 先住少数民族が他の少数民族と最も異なっている点は、彼らが自らの自由な意思や合意の確認がないままに当該国家に組み込まれた人びとだということである。したがって、先住少数民族の場合、「民族自決権」が留保されていると考えることができる。先住少数民族に民族自決権が残されているということは、彼らには土地権や資源権も留保されているということであり、極めて重要な属性であるといわねばならない。国家が各自の主権と国境を不可侵のものとし、他方で、多くの国家がいくつかの政治・経済連合へと向かう動きを示しつつある現代世界で、先住少数民族の問題は、基本的人権思想をもちだすまでもなく、人類史に残されてきた深刻な未解決の課題であろう。
 本シリーズは、このような二一世紀初頭における先住少数民族の状況を、国連の議決から一〇年を経た今再確認し、より多くの人びとにその情報を届け、少しでも早く、先住少数民族の社会、経済、文化的状況を、彼らの主体性において改善していく上での一助になることを願って企画されたものである。
 IT革命、グローバル化が加速度的に進む現在、貴重な文化を育てて来たこれらの人びとの苦難を救っていくことこそ人類の最も緊急な責務ではなかろうか。(序文より抜粋)

著者プロフィール

綾部 恒雄  (アヤベ ツネオ)  (

国連ユネスコ企画専門員、九州大学、筑波大学、京都文教大学教授(副学長)。この間スタンフォード大学、ペンシルベニア大学、マサチューセッツ大学、マッギル大学などの客員教授などを歴任。現在、城西国際大学人文学部客員教授。筑波大学名誉教授。文学博士。
単著
 『アメリカの秘密結社――西欧的社会集団の生態』中央公論社、1970年
 『タイ族――その社会と文化』弘文堂、1971年
 『クラブの人類学』アカデミア出版会、1988年
 『東南アジアの論理と心性』第一書房、1992年
 『現代世界とエスニシティ』弘文堂、1993年 その他
編著
 『アメリカ民族文化の研究――エスニシティとアイデンティティ』弘文堂、1982年
 『文化人類学15の理論』(中公新書)中央公論社、1993年
 『カナダ民族文化の研究――多文化主義とエスニシティ』刀水書房、1988年
 Nation State, Identity and Religion in Southeast Asia. Singapore Society of Asian Studies, 1998.
 『文化人類学のフロンティア』ミネルヴァ書房、2003年 その他
監修
 ジュリアン・バージャー『図説世界の先住民族』明石書店、1996年
 『世界民族事典』弘文堂、2000年
 翻訳A・ファン・ヘネップ『通過儀礼』(綾部裕子と共訳)弘文堂、1977年 その他

黒田 悦子  (クロダ エツコ)  (

国立民族学博物館・総合研究大学院大名誉教授
専攻:文化人類学
単著
 Mexico Indigena: Los Mixes de las Tierras Altas, 1973-1974.(先住民のメキシコ――高地ミヘの記憶).Editorial is (編集工房 is)、2005.(写真集)
 『メキシコ系アメリカ人――越境した生活者』国立民族学博物館研究叢書第2巻、2000年
 『先住民ミヘの静かな変容――メキシコで考える』朝日選書、1996年(オンデマンド版2003年)
 『スペインの民俗文化』平凡社選書、1991年
 『フィエスタ――中米の祭りと芸能』平凡社、1988年
 Under Mt. Zempoaltepetl: Highland Mixe Society and Ritual. SES No. 12, National Museum of Ethnology, 1984.(スペイン語訳、メキシコCIESAS-IOCより1993年)
編著
 『民族の運動と指導者たち――歴史のなかの人びと』山川出版社、2002年
 『民族の出会うかたち』朝日選書、1994年
共編著
 『儀礼――文化と形式的行動』東京大学出版会、1988年

木村 秀雄  (キムラ ヒデオ)  (

東京大学大学院総合文化研究科教授
専攻:社会人類学
単著
 『水の国の歌』東京大学出版会、1997年
 『響きあう神話――現代アマゾニアの物語世界』世界思想社、1996年
共編著
 『レヴィ=ストロース「神話論理」の森へ』みすず書房、2006年
 『歴史の山脈――日本人によるアンデス研究の回顧と展望』国立民族学博物館、2005年
 『クレオールのかたち――カリブ地域文化研究』東京大学出版会、2002年

上記内容は本書刊行時のものです。