版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
柳宗悦・民藝・社会理論 竹中 均(著) - 明石書店
.

柳宗悦・民藝・社会理論 カルチュラル・スタディーズの試み

発行:明石書店
A5判
232ページ
上製
定価 3,000円+税
ISBN
978-4-7503-1198-2
出版社在庫情報
在庫僅少
初版年月日
1999年9月
書店発売日
登録日
2011年4月6日
最終更新日
2011年4月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

理論と陶芸という二つの異質な世界を媒介する,一種の社会理論家として,柳宗悦をみること。そうした問題意識から,オリエンタリズムに抗する美的社会批判の実践家としての柳の業績を跡付けた労作。

目次

序 章 民藝はオリエンタリズムか
第1章 実践的意識から見たオリエンタリズム―ギデンズ的視点によるサイード著『オリエンタリズム』の再構成
第2章 民藝まで―若き柳宗悦の思想遍歴
第3章 柳宗悦の民藝理論と「実践的意識」―日本的オリエンタリズム批判として読む
第4章 民藝と民具のあいだ―有賀喜左衛門にとって柳宗悦とは何だったのか
第5章 方法としての幻視・柳宗悦の沖縄―『民藝叢書』がえがく社会イメージ
第6章 試金石としての「満洲」―民藝運動の社会認識の臨界点
第7章 桃山中心主義に抗して―日本的美イメージをめぐる柳宗悦の闘争
終 章 柳宗悦は批判に耐えうるか

上記内容は本書刊行時のものです。