版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
世界内政のニュース U.ベック(著) - 法政大学出版局
.
叢書・ウニベルシタス 1016

世界内政のニュース

四六判
262ページ
上製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-588-01016-3
Cコード
C1336
教養 全集・双書 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年9月
書店発売日
登録日
2014年8月6日
最終更新日
2018年2月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2014-11-30 朝日新聞
評者: 水無田気流(詩人、社会学者)

紹介

福島の原発事故、ユーロ危機、ウォール街占拠……。さまざまな危険やリスクに直面するわれわれの世界は、いまどこに向かおうとしているのか。ベストセラー『危険社会』の著者が、日々起こる世界的に重要な事件について、メディアを通して全世界に向けて発信し続けてきた「ニュース」。現在の状況を問うことから、混迷する世界を克明に読み解き、いまここにある危機から来るべき未来の可能性を探る。

目次

はじめに(ドイツ語版)
はじめに(英語版)

I 世界内政のニュース

1 キノコと新たな資本主義の花盛り
  2009年7月

2 原子力大型ジェット機にご搭乗の皆さまへ
  ──着陸用の滑走路のご質問はお控えください
  2009年8月

3 この白昼堂々の不公正!
  2009年9月

4 金銭による損害補償
  2009年10月

5 不法滞在の世界市民
  2009年11月

6 権力の手持ちのカードは世界中で切りなおされた
  2009年12月

7 平和の実感と戦争の実行
  2010年1月

8 社会的ダーウィニズムへの回帰か或いはいかなる大学を私達は目指すのか
  2010年2月

9 ベルリンの壁のようにまた一つ壁が崩壊した
  2010年3月

10 ドイツのユーロ ‐ ナショナリズム
  2010年4月

11 飛行機のその先へ
  2010年5月

12 草の根の世界内政
  ──世界にまたがる家族がどのように当たり前になるのか
  2010年6月

13 エコロジーのバスティーユ襲撃
  2010年7月

14 仏陀がいなければ私はキリスト教徒ではなかった
  2010年8月

15 青虫の勘違い
  ──福島と原子力の終焉
  2011年6月

16 憤慨せよ欧州の人々よ
  ──今こそ市民の欧州を創立せよ
  2011年7月

17 権力はなくとも正統性がある
  ──金融危機におけるオキュパイ運動
  2011年8月

18 協力するか、さもなくば破綻するか! EUの存続危機
  2011年9月

II 最終的な諸考察

19 世界内政とは何を意味するのか

20 政治の出る幕はないと見なされている時代の五つの欺瞞

訳者あとがき
索引

著者プロフィール

U.ベック  (ベック ウルリッヒ)  (

(Ulrich Beck)
1944年生まれ。ミュンヘン大学で社会学、政治学、心理学、哲学を学ぶ。1979年から92年までミュンスター大学、バンベルク大学教授を歴任し、現在はミュンヘン大学社会学部教授、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの社会学教授およびパリの人間科学研究財団(FMSH)で教授を務めている。邦訳された主な著作に、『危険社会――新しい近代への道』(東廉・伊藤美登里訳)、『世界リスク社会』(山本啓訳、以上、法政大学出版局)、『世界リスク社会論――テロ、戦争、自然破壊』(島村賢一訳、ちくま学芸文庫)、『グローバル化の社会学─グローバリズムの誤謬・グローバル化への応答』(木前利秋・中村健吾訳、国文社)、『ナショナリズムの超克――グローバル時代の世界政治経済学』(島村賢一訳、NTT出版)、『〈私〉だけの神――平和と暴力のはざまにある宗教』(鈴木直訳、岩波書店)、『ユーロ消滅?――ドイツ化するヨーロッパへの警告』(島村賢一訳、岩波書店)などがある。

川端 健嗣  (カワバタ ケンジ)  (

1980年、兵庫県神戸市生まれ。2002年、同志社大学経済学部卒業。2006年、東京大学大学院人文社会系研究科社会文化研究専攻社会学専門分野修士課程修了。修士(社会学)。2014年、東京大学大学院人文社会系研究科社会文化研究専攻社会学専門分野博士課程単位取得満期退学。現在、東京大学大学院人文社会系研究科Ph.D. candidate(社会学)、麗澤大学非常勤講師。専門は社会学、社会的不平等とリスクの研究、ドイツ社会学実証主義論争の学説史。業績に「自由と統制の個人化論――Ulrich Beck個人化論をめぐる論争と展開」(『ソシオロゴス』33、 2009)。

ステファン・メルテンス  (メルテンス)  (

(Stephan Mertens)
1971年、ドイツ生まれ。1996年、オスナブリュック大学社会学部修士課程修了、修士(政治学)。1998年、国費留学生として来日。一橋大学大学院社会学研究科修士課程(修士)、博士後期課程単位満期修了。現在、獨協大学外国語学部ドイツ語学科兼任講師。専門領域は政治史。

上記内容は本書刊行時のものです。