版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり―外伝弐 黒神の大祭典編 柳内 たくみ(著) - アルファポリス
.

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり―外伝弐 黒神の大祭典編

四六判
536ページ
定価 1,700円+税
ISBN
978-4-434-18173-3
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年7月
書店発売日
登録日
2013年7月8日
最終更新日
2013年10月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

大ヒット累計85万部突破の超エンタメファンタジー、待望の外伝第弐章!
『門』封鎖から10カ月。特地アルヌスでは、残留自衛官の富田と元帝国騎士ボーゼスとの間に出来た赤ん坊の誕生を祝うため、結婚式を兼ねた伝統祭事が行われることになった。ところが、次期帝国皇帝たるピニャ、さらに亜神四柱の出席が知れ渡ると、たちまち特地じゅうが大騒ぎ。いつしか式典は、駐屯地全体をも巻き込んだ異例の一大フェスティバルへと発展していく。一方、これを好機と見た一人の新米亜神が、とある古の因縁に決着を付けるべく、大祭典へと押し寄せる人々の群れに紛れ、アルヌスを目指していた――

著者プロフィール

柳内 たくみ  (ヤナイ タクミ)  (

東京都在住。自衛官を経験した後、2006年に自営業を開業。本業に従事する傍ら、インターネット上で精力的に執筆活動を展開し、2010年4月、「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 1.接触編」で出版デビュー。シリーズ累計85万部のベストセラーとなる。他に「氷風のクルッカ 雪の妖精と白い死神」(アルファポリス)、「戦国スナイパー」シリーズ(講談社BOX)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。