版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
泉鏡花 逝きし人の面影に 小林弘子(著/文) - 梧桐書院
.

泉鏡花 逝きし人の面影に

発行:梧桐書院
四六判
縦195mm 横137mm 厚さ20mm
重さ 330g
224ページ
上製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-340-40205-2
Cコード
C3095
専門 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
書店発売日
登録日
2013年12月2日
最終更新日
2013年12月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本の近代文学に絶大な影響を与えた文豪、泉鏡花生誕140周年を迎えた今、鏡花の故郷金沢に住まいし、鏡花に惹かれ続ける研究者が、作品の軌跡を辿る。

目次

追憶と鎮魂
城下町・金沢の風土に育った藝の血筋
「化鳥」小考-「化鳥」の語が暗示するもの
「化鳥」-鏡花社会小説の起点
「鶯花径」-幼児的“母恋い”抜け出た画期作
「海の鳴る時」-出郷・鏡花の心にあり続けたいで湯「辰口」
「海城発電」-明治軍国主義と赤十字博愛精神
「風流線・続風流線」-社会通念への痛烈な批判と恋愛至上
「縁結び」から「由縁の女」へ-この世ならぬ「姉さん」との結縁こそ
「河伯令嬢」-形代への贖罪と鎮魂・「生涯の決算」を心に
わが心の泉鏡花
「露宿」-大震災時の鏡花と犀星
鏡花批判「葉花星宿」への疑問
極端な食癖と郷土の味への信頼
秋の逗子に 鏡花の足跡を訪ねて
わが心の「泉鏡花」

上記内容は本書刊行時のものです。