版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
立川流鎖国論 立川 志らく(著) - 梧桐書院
....
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

立川流鎖国論 (タテカワリュウサコクロン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:梧桐書院
四六判
288ページ
定価 1,700円+税
ISBN
978-4-340-10006-4   COPY
ISBN 13
9784340100064   COPY
ISBN 10h
4-340-10006-4   COPY
ISBN 10
4340100064   COPY
出版者記号
340   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2010年11月
書店発売日
登録日
2010年11月4日
最終更新日
2010年12月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

落語立川流が、家元談志のもと、志の輔、談春、志らく、談笑ら傑出した落語家を排出できたのはなぜなのか?「談志イズム」の継承者・志らくが、「鎖国」をキーワードに立川流を語り尽くす。師匠や兄弟弟子たち、「立川ボーイズ」の裏話など、志らく師匠にしか書けないエピソードも満載。

著者プロフィール

立川 志らく  (タテカワ シラク)  (

落語家、映画監督、映画評論家、舞台演出家、劇団「下町ダニーローズ」主宰。1963年東京都に生まれる。日本大学芸術学部在学中に立川談志に入門、1988年に二つ目、1995年に真打ちへ昇進。二つ目時代は、兄弟子立川談春と組んだコントグループ「立川ボーイズ」としても活動。その後は、同世代の若者に落語の面白さを伝えることに力を注ぐ。その一環として、映画と古典落語を巧みに合体させた「シネマ落語」を次々と創作、70本を超える作品を発表している。そのほか、映画や演劇、著述など活動は多岐にわたり、落語界の鬼才として注目され続けている。著書には、『全身落語家読本』『らくご小僧』(以上、新潮社)、『落語は最高のエンターテインメント』(講談社)、『雨ん中の、らくだ』(太田出版)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。