版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
万葉歌人 田辺福麻呂論 塩沢 一平(著) - 笠間書院
.

万葉歌人 田辺福麻呂論

発行:笠間書院
A5判
380ページ
上製
定価 6,800円+税
ISBN
978-4-305-70538-9
Cコード
C3092
専門 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫僅少
初版年月日
2011年1月
書店発売日
登録日
2010年12月10日
最終更新日
2014年8月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

田辺福麻呂は宮廷歌人か―

聖武天皇や大伴家持と共に生きた
知られざる万葉歌人を論じ尽くす
初の書。

田辺福麻呂の表現、長歌の構造、用字法などの詳細な検討により、新たなる田辺福麻呂論の構築をめざす。

目次

序章 本書の構成と概要
1 はじめに
2 本文の構成と概要

第一章 田辺福麻呂の都城讃歌と荒都歌
第一節 「寧楽故郷歌」
1 はじめに
2 冒頭部の構造
3 冒頭部の解釈
4 宣命との関係
5 新世
6 むすび

第二節 「久邇京讃歌」
1 はじめに
2 第一長反歌
3 第二長反歌
4 二組の長歌の対応関係
5 二組の反歌の対応関係
6 「つなぎ」の反歌
7 むすび

第三節 「久邇京讃歌」の構造の淵源
1 はじめに
2 「久邇京讃歌」と石見相聞歌
3 〈対構造〉の淵源
4 六朝漢詩文と〈対構造〉
5 田辺福麻呂と初唐詩
6 むすびと課題

第四節 「久邇荒墟歌」
1 はじめに
2 「春日」と「悲傷」
3 大宮人の立ち易り
4 君臣調和の新時代
5 むすび

第五節 「難波宮讃歌」
1 はじめに
2 「難波宮讃歌」の構造
3 多用される〈聴覚景〉
4 視聴対の取り込み
5 むすび

第二章 田辺福麻呂の挽歌
第一節 足柄の行路死人歌
1 はじめに
2 行路死人歌とは
3 調使首歌との類同性
4 死人の環境に関する叙述
5 伝説歌との類同性
6 むすび―死人の描写の特徴とそれが意図するもの―

第二節 葦屋処女の墓を過ぎし時に作れる歌
1 はじめに
2 山部赤人から摂取したもの
3 山部赤人から排除したもの
4 田辺福麻呂の独自な表現
5 むすび

第三章 田辺福麻呂の宮廷歌の周辺
第一節 柿本人麻呂の石見相聞歌の構造
1 はじめに
2 石見相聞歌の時間と空間―三つの時空論―
3 類似する表現
4 対応する構造
5 妹との別れから見納めの山へ
6 終局部の対応
7 妹の描写
8 ネガティブな予兆
9 妹の喪失
10 ゆりもどす反歌
11 むすび―巡り戻る心理―

第二節 小竹の葉はみ山もさやにさやぐとも
1 はじめに
2 「サヤゲドモ」は排せるか
3 「ミダルトモ」は排せるか
4 「乱」を「マガフ」「サワク」と訓む可能性
5 むすび

第三節 石見相聞歌における「夏草」と「露霜」
1 はじめに
2 夏草の思ひ萎えて
3 「夏草」と「露霜」
4 柿本人麻呂と『文選』
5 「石見相聞歌」と李善注『文選』
6 柿本人麻呂歌集と李善注『文選』
7 むすび

第四節 万葉集巻十の七夕長歌は福麻呂の作か
1 はじめに
2 二〇八九~二〇九一
3 二〇九二~二〇九三
4 「久邇京讃歌」との類同性
5 むすび

第四章 和漢の双光
第一節 新しき年のはじめ―天平十四年正月十六日続日本紀歌謡と万葉歌―
1 はじめに
2 歌●所
3 琴歌譜などとの先後関係―第二次歌●所によって再開発された天平十四年歌謡―
4 「新」時代―聖武朝・久邇京・橘諸兄政権の時代―
5 万葉の「新しき年のはじめ」の歌と作者達
6 むすび

第二節 田辺福麻呂の「久邇京讃歌」と「六合」
1 はじめにー「久邇京讃歌」の特殊性ー
2 宮柱 太敷き奉り
3 常套的表現と異なる川と山、秋と春の対
4 臣下のことばを聞き入れる主君
5 「久邇京讃歌」と「六合」
6 むすび

第三節 和漢の双光―古代官僚田辺福麻呂と宮廷歌人田辺福麻呂―
1 はじめに
2 日本古代官僚と漢詩文
3 万葉官僚歌人「田辺福麻呂」
4 「久邇京讃歌」と対表現
5 「久邇京讃歌」と「都賦」の山川表現
6 大学寮と田辺福麻呂
7 むすび―和漢の双光―

終章 本書の成果と課題
1 はじめに
2 「久邇京讃歌」における二群の精緻な対応
3 様式美の理解から文学史的位置付けへ
4 様式美の理解から思想の理解へ
5 上以風●化下●、下以風●刺上●
6 田辺福麻呂は宮廷歌人か
7 むすび

初出一覧
あとがき
索引(歌(謡)番号索引・人名索引・事項索引)

著者プロフィール

塩沢 一平  (シオザワ イッペイ)  (

1961年神奈川県鎌倉市生まれ。
1984年、成城大学文芸学部国文学科卒業。1996年、専修大学大学院文学研究科国文学専攻博士後期課程単位取得満期退学。2006年、桜美林大学大学院国際学研究科修士過程大学アドミニストレーション専攻(通信教育課程)修了。2010年、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。修士(大学アドミニストレーション)。現在、山梨学院大学経営情報学部教授。

上記内容は本書刊行時のものです。