版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
あめつちの心 岩佐 美代子(著) - 笠間書院
.

あめつちの心 伏見院御歌評訳

発行:笠間書院
四六判
256ページ
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-305-00184-9
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫僅少
初版年月日
1979年9月
書店発売日
登録日
2017年6月8日
最終更新日
2017年6月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

伏見院は、高雅な広沢切の筆者であり、また近代的な京極派歌風と帝王ぶりの大らかさとを合わせよくした、超凡な歌人である。その歌をこよなく愛する著者の評釈は冴えわたり、巨峰伏見院の歌のみならず中世和歌の本質を知るための最短の道しるべとなっている。

目次

第一部 伏見院小伝
 一、立坊まで
 二、春宮時代-為兼との出会い
 三、天皇時代-治世と為兼配流
 四、京極派歌風の確立
 五、政権恢復に向けて
 六、再度の治世-玉葉集の成立
 七、為兼の再配流
 八、崩御-人間・伏見院
 九、風雅集の成立-最も幸福な帝王

第二部 御歌評釈
 一、秋のいなづま-玉葉集
 二、あめつちの心-風雅集
 三、もとがしは-広沢切抄附 

年譜

上記内容は本書刊行時のものです。