版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
EBPMの経済学 大橋 弘(編集) - 東京大学出版会
.

EBPMの経済学 エビデンスを重視した政策立案

A5判
368ページ
定価 4,800円+税
ISBN
978-4-13-040291-0
Cコード
C3033
専門 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年3月
書店発売日
登録日
2019年12月24日
最終更新日
2020年3月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-05-02 (予定) 日本経済新聞  朝刊
評者: 乾友彦(学習院大学教授)

紹介

EBPM(客観的な証拠を重視する政策立案)に対する関心が国内外で高まっている.経済学者と現役の政策立案者が,EBPMに求められる取り組みを6つの政策分野において論じる.現状を踏まえた,EBPMに関する議論を活性化するための材料を提供する.

目次

はしがき(大橋 弘)


総 説 EBPMを政策形成の現場で役立たせるために(金本良嗣)
 1.はじめに
 2.政策形成の現場におけるEBPM
 3.日本及び海外における政策評価とEBPM
 4.政策評価の中におけるEBPM
 5.政策の効果を推定する手法
 6.海外におけるEBPM事例――英国の電力容量市場
 7.おわりに―― EBPM定着のための課題

【コメント】政府におけるEBPMはどのような一歩を踏み出しているか(越尾 淳)
 1.はじめに
 2.EBPMに取り組むとはどういうことか
 3.EBPMの具体化に至る経緯
 4.推進体制の整備
 5.人材の確保・育成
 6.統計等データの利活用促進
 7.EBPMの実例の創出
 8.おわりに


第1章 教育政策におけるEBPM――データベースの構築によるエビデンスの蓄積と活用(田中隆一)
 1.はじめに
 2.海外における教育EBPMの現状について
 3.日本における教育EBPMの現状について
 4.地方自治体におけるEBPM
 5.おわりに

【コメント】教育EBPMにおける「データ収集」の重要性と課題(樫原哲哉)
 1.はじめに
 2.地方自治とEBPM
 3.機微情報の取扱い
 4.「政策効果の指標」の定義
 5.おわりに


第2章 労働政策におけるEBPM――労働政策決定の正統性との関連から(神林 龍)
 1.はじめに
 2.旧来型労働政策決定の仕組み
 3.労働政策決定におけるEvidenced Based Policy Making
 4.おわりに

【コメント】労働政策におけるEBPMの可能性(中井雅之)
 1.はじめに
 2.労働政策審議会の三者構成原則とEBPMとの関係
 3.実効ある労働政策の実施のためのEBPMの実装
 4.おわりに
 補論 労働政策の財源について


第3章 医療・介護政策におけるEBPM――医療費適正化政策の施策効果を検証する(岩本康志)
 1.はじめに
 2.医療費適正化計画と政策評価制度
 3.予防医療の政策目的と成果指標
 4.施策の効果分析
 5.活動・成果目標水準の設定
 6.統計データ基盤の問題
 7.おわりに

【コメント】EBMから学ぶEBPMに必要なステップとEBPMならではの注意点(松本晴樹)
 1.はじめに
 2.EBM(Evidence-based Medicine)のフレームワーク
 3.EBMとEBPMの違い
 4.EBPMの実際――エビデンスを活用して政策を作るためのツール「SURE」
 5.政策立案者にエビデンスを届け,政策とするには
 6.おわりに


第4章 交通・社会資本政策におけるEBPM――費用便益分析の一層の活用を(城所幸弘)
 1.はじめに
 2.EBPMにおける客観的証拠と交通投資・社会資本投資
 3.時間に関する不確実性の問題への対処
 4.客観的証拠から費用便益分析へ
 5.EBPMの遂行体制に関する問題点
 6.既存の政策評価体制から見たEBPMの望ましいあり方
 7.おわりに

【コメント】社会資本整備分野のEBPMにおける予測モデルの役割と不確実性の直視(三善由幸)
 1.はじめに
 2.社会資本整備分野において求められるエビデンスの質を改善するための方向性
 3.政策評価(費用便益分析を含む)のコミュニケーション
 4.おわりに


第5章 課税政策におけるEBPM――労働所得税とマイクロシミュレーションの活用を中心に(林 正義)
 1.はじめに
 2.課税政策の評価
 3.「公的言説」とエビデンス
 4.租税研究とEBPM
 5.おわりに

【コメント】税制改正におけるEBPM(大関由美子)
 1.はじめに
 2.税制に係わるEBPM関連の制度
 3.税制改正におけるEBPM関連制度の活用
 4.税制改正におけるEBPMの方向性
 5.おわりに


第6章 電力政策におけるEBPM――供給安定性に焦点をあてて(大橋 弘)
 1.はじめに
 2.電力政策における3Eの変遷
 3.供給安定性
 4.供給安定性におけるEBPM
 5.おわりに――胆振東部地震後のレジリエンス確保の取り組み

【コメント】電力政策における複数の価値軸とEBPM(鍋島 学)
 1.はじめに
 2.経済効率性
 3.環境適合性
 4.供給安定性
 5.経済効率性,環境適合性,供給安定性の関係
 6.おわりに


終 章 政策立案の力を研鑽できる場の構築を目指して(大橋 弘)
 1.EBPM推進と統計改革
 2.EBPMの取り組みと気づき
 3.EBPMの今後

Economic Thinking for Evidence-based Policy Making
OHASHI Hiroshi, editor

著者プロフィール

大橋 弘  (オオハシ ヒロシ)  (編集

東京大学公共政策大学院・大学院経済学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。