版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
日本のコメ問題 小川 真如(著/文) - 中央公論新社
..

日本のコメ問題 (ニホンノコメモンダイ) 5つの転換点と迫りくる最大の危機 (5ツノテンカンテントセマリクルサイダイノキキ)

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
新書判
320ページ
定価 960円+税
ISBN
978-4-12-102701-6   COPY
ISBN 13
9784121027016   COPY
ISBN 10h
4-12-102701-9   COPY
ISBN 10
4121027019   COPY
出版者記号
12   COPY
Cコード
C1261  
1:教養 2:新書 61:農林業
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年5月8日
最終更新日
2022年6月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-09-18 産經新聞  朝刊
2022-08-20 日本経済新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

有史以前から日本人はコメ不足に悩まされてきた。1967年、ついに米の自給自足を達成する。だが、そこに喜びはなかった。直ちに到来したコメ余り時代と減反の開始、ヤミ米の拡大と食管制度の崩壊、ウルグアイ・ラウンドで生まれた国際秩序への対応、そして「水田フル活用」という思想の提唱……半世紀で大変貌を遂げた日本人とコメの関係、残された未解決問題、そして忍び寄る最大の危機とは?

著者プロフィール

小川 真如  (オガワマサユキ)  (著/文

小川真如

1986年(昭和61年)、島根県に生まれる。2009年、東京農工大学農学部生物生産学科卒業。同大学農学府共生持続社会学専攻修士課程修了。早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。現在、農政調査委員会調査研究部専門調査員、東京農工大学非常勤講師、恵泉女学園大学非常勤講師など。専門社会調査士、修士(農学)、博士(人間科学)。専攻・農業経済学、農政学、人間科学。著書『現代日本農業論考』(春風社、2022)、『水田フル活用の統計データブック』(三恵社、2021)、『和菓子企業の原料調達と地域回帰』(分担執筆、筑波書房、2019)、『水稲の飼料利用の展開構造』(日本評論社、2017)ほか

上記内容は本書刊行時のものです。