版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
わたしが行ったさびしい町 松浦 寿輝(著/文) - 新潮社
..

わたしが行ったさびしい町

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:新潮社
四六判
縦191mm 横130mm 厚さ18mm
重さ 299g
272ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-10-471704-0   COPY
ISBN 13
9784104717040   COPY
ISBN 10h
4-10-471704-5   COPY
ISBN 10
4104717045   COPY
出版者記号
10   COPY
 
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年2月25日
書店発売日
登録日
2021年1月18日
最終更新日
2021年2月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-11 読売新聞  朝刊
評者: 尾崎真理子(早稲田大学教授)

紹介

最高の旅とはさびしい旅にほかなるまい。人生の最深部に触れる、通り過ぎた町の記憶。泡粒のように浮かんできては消えてゆく旅先の記憶。ペスカーラ、名瀬、シャトー= シノン、台南、トラステヴェレ、コネマラ、タクナ、長春、中軽井沢……。日常を離れた旅の途上で、人は凝り固まってしまっていた観念や思い込みを脱ぎ捨て、心も軀も身軽になる。こんな時代だからこそ読みたい、活字で旅する極上の20篇。

上記内容は本書刊行時のものです。