版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
堕ちたバンカー 児玉 博(著/文) - 小学館
..

堕ちたバンカー 國重惇史の告白

ビジネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:小学館
四六判
322ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-09-388762-5   COPY
ISBN 13
9784093887625   COPY
ISBN 10h
4-09-388762-4   COPY
ISBN 10
4093887624   COPY
出版者記号
09   COPY
 
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年2月3日
書店発売日
登録日
2020年12月15日
最終更新日
2021年1月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-11 産經新聞  朝刊
評者: 黒木亮(作家)

紹介

住友銀行の救世主はなぜ“追放”されたのか

住友銀行元取締役、國重惇史。若手行員時代から「伝説のMOF担」として名を馳せ、平和相互銀行事件での活躍で「将来の頭取候補」と目される。そしてイトマン事件を内部告発し、「住友銀行の救世主」に。だが、あることから銀行を追われ、「楽天副会長」に転身。スキャンダルで辞任し、『住友銀行秘史』を著す。これは、ある天才バンカーの半生を通して、日本のバブル時代の熱狂とその終焉を描くビジネスノンフィクションである。
〈ある意味、國重は時代の寵児だったのかもしれない。バブル経済の勃興期に起きた平和相互銀行事件、そしてバブル経済真っ只中のイトマン事件とまさに日本中が狂乱の渦の中にあったとき、國重はもっとも異彩を放った。しかし、時代は虚ろだ。かつて日本中が、そして國重が身を任せた圧倒的な熱量は、日本社会から見事なまでに消え去った。それとともに、國重の輝きは失せていった。〉(本文より)

【編集担当からのおすすめ情報】
ベストセラー『住友銀行秘史』を著した國重氏のバンカー人生は、過激というほかありません。とりわけ、平和相互銀行事件のメモで浮かび上がる、バブル当時の銀行、政治家、官僚、財界、裏社会の密接な繋がり、そのうねりを扇動していく國重氏の姿は、痛快です。その一方、過激なバンカー人生の末に訪れた國重氏の今。その哀切は、すべてのビジネスマンの胸に、深い余韻を残すことでしょう。

目次

序章 転げ落ちた寵児
第1章 将来の頭取候補
第2章 伝説のMOF担
第3章 平和相互銀行事件のメモ
第4章 金屏風事件の謎
第5章 4人組、追放
第6章 真説・イトマン事件
終章 ラストバンカーになれなかった男

上記内容は本書刊行時のものです。