版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
オレの東大物語 1966~1972 加藤 典洋(著/文) - 集英社
..

オレの東大物語 1966~1972

発行:集英社
四六判
縦188mm 横131mm 厚さ17mm
重さ 278g
256ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784087890143
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年7月9日
最終更新日
2020年8月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-10-24 毎日新聞  朝刊
評者: 橋爪大三郎(社会学者)

紹介

「東大は、クソだ」。
長年のタフな論争を闘い抜いてきた文芸評論家の原点は東大闘争、しかしながら大多数の同時代人とは異なり、医学部を中心に華々しく展開したメインストリームに較べれば幾分「地味」な文学部闘争にあった……。
6年間の学生生活で著者がきたした変調、払拭し得なかった違和感とは。
周りを囲む様々な知性との交錯を重ねながら、やがて導かれた独自の結論としての、「内在」から「関係」への転轍。
かつて自身が幕末の尊王攘夷に用いた概念が、ラストでは加藤自身に照射される。
2019年5月に急逝した日本を代表する文芸評論家が、まったく新しい文体で「パンドラの箱」に挑み、骨太な思想の淵源を初めて明かした、唯一無二の青春記。

◆目次◆

I 1966~1967

1 入学まで
2 ベビーブーマー世代の一標本
3 オレの修業時代
4 一年目
5 新宿の夏、駒場の秋

II 1967~69

6 1967年10月8日
7 釜ヶ崎
8 本郷・六月
9 オレの文学生活
10 本郷・11月
11 安田講堂攻防戦

III 1969~72

12 オレの変調
13 『現代の眼』への寄稿
14 恩地くんの「戦線離脱宣言」
15 就活
16 卒論、落第、ケンカ
17 連合赤軍事件

エピローグ

東大闘争簡単年表(文学部を中心に)

あとがき

解説 瀬尾育生

◆著者略歴◆
加藤典洋(かとう のりひろ)
1948~2019年。山形県生まれ。文芸評論家。早稲田大学名誉教授。東京大学文学部仏文科卒。
文学から文化一般、思想まで日本の近現代の幅広い分野で活躍。
『言語表現法講義』で新潮学芸賞、『敗戦後論』で伊藤整文学賞、『小説の未来』『テクストから遠く離れて』で桑原武夫学芸賞を受賞。他の著書に『敗者の想像力』『9条入門』『大きな字で書くこと』など。

上記内容は本書刊行時のものです。