版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アフター・リベラル 怒りと憎悪の政治 吉田 徹(著/文) - 講談社
..
講談社現代新書

アフター・リベラル 怒りと憎悪の政治

発行:講談社
新書判
320ページ
定価 1,000円+税
ISBN
9784065209240
Cコード
C0231
一般 新書 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年8月13日
最終更新日
2020年9月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-11-22 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 栗原裕一郎(評論家)
2020-10-24 日本経済新聞  朝刊

紹介

不安な暗い時代を生き抜くための新しい見取図!

オルタナ右翼、権威主義の台頭、ヘイトクライム、歴史認識問題、テロリズム……
人びとが合理的になり、民族やナショナリズム、人種から解放され、グローバルな社会が実現し、社会の多様性や個人化が到来するはずだった時代に、なぜ怒りや敵意が政治の世界で繰り広げられるのか? 
行き場を失った中間層が疎外感を強め、凶暴になる理由とは。
なぜ有権者は強い指導者を求めるようになったのか。
戦後秩序を形成したリベラリズム崩壊後の「暗い時代」の深淵を、気鋭の研究者が抉り出す。

上記内容は本書刊行時のものです。