版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
死刑について 平野 啓一郎(著/文) - 岩波書店
..
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

貴店担当者:
注文電話番号:
注文FAX番号:
受注センター:
注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:
9784000615402

死刑について

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
B6判
縦182mm 横128mm 厚さ15mm
重さ 248g
140ページ
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-00-061540-2   COPY
ISBN 13
9784000615402   COPY
ISBN 10h
4-00-061540-8   COPY
ISBN 10
4000615408   COPY
出版者記号
00   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年6月16日
書店発売日
登録日
2022年5月10日
最終更新日
2022年6月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-08-06 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 若松英輔(批評家・随筆家)
2022-08-06 朝日新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

死刑廃止の国際的な趨勢に反し、死刑を存置し続ける日本。支持する声も根強い。しかし、私たちは本当に被害者の複雑な悲しみに向き合っているだろうか。また、加害者への憎悪ばかりが煽られる社会は何かを失っていないだろうか。「生」と「死」をめぐり真摯に創作を続けてきた小説家が自身の体験を交え根源から問う。

目次

死刑は必要だという心情
「なぜ人を殺してはいけないのか」の問いに向き合って
多面的で複雑な被害者の心に寄り添うとは──「ゆるし」と「憎しみ」と
なぜ死刑が支持され続けるのか
「憎しみ」の共同体から「優しさ」の共同体へ──死刑の廃止に向けて


あとがき

付録 死刑に関する世界的な趨勢と日本
(1)死刑廃止国と存置国
(2)二〇二〇年に死刑を執行した国と件数
(3)日本の死刑執行者数と確定者総数の推移
(4)死刑をめぐる日本の世論

上記内容は本書刊行時のものです。