版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
人工知能の作り方 三宅 陽一郎(著) - 技術評論社
...

人工知能の作り方 「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか

発行:技術評論社
縦210mm
351ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7741-8627-6
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2017年1月
登録日
2017年1月31日
最終更新日
2017年1月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

プレイヤーの心をとらえる魅力的なゲーム、より「らしい」キャラクターはどう生まれるのか?ゲーム制作における人工知能の役割を最新テクノロジーをふまえて思索する。ゲーム業界を牽引するスクウェア・エニックスのAI技術者、渾身の書き下ろし!

目次

序章 知能の海へ
1章 知能ってなんだろう?-自然知能と人工知能
2章 知性を表現する手法-ゲームAI基礎概念
3章 人工知能の根底にあるもの-AIの根本概念
4章 キャラクターの意志はどう決められるか-意志決定のアルゴリズム
5章 ゲームAIは世界をどう認識するか-ゲームAI基礎概念(深部)
6章 成長するAI-学術・ゲームにおける共通概念
7章 身体とAI-身体感覚をつなぐインターフェース
8章 集団の知能を表現するテクニック-群衆AIの技術
9章 人間らしさの作り方-ゲームを面白くするためのAI

上記内容は本書刊行時のものです。